スノーボード用語集・スノボ用語を理解してもっと楽しいスノーボードライフを過ごそう!BURTON,バートン,Burton,Snowboard,スノーボード,ボード,ブーツ,バインディング,ビンディング,楽しさから満足へ!

道具セッティング

道具セッティング  

激安スポーツパラダイス         厳選スノーボードアイテム
良い品をより安く購入するのは当然!   スノーボードカテゴリ別に選ぶ!

■スタンスアングルとダックスタンス  



  • 近年、フリースタイルが大変はやっております!!


  • 逆に言うと、スノーボードを始めたばかりの人は、アルペン!!?フリー?の意味も良くわからないかもしれませんね!!


  • しかし、初めての方がやるには大抵、フリースタイルでしょう!!


  • 扱っているショップも多いからね!!


  • そこでスキー場で見かけるスタンスについて少しお話しましょう!!


  • トリック、ジャンプなどCM、雑誌効果やプロライダーの大技が非常に目に付く時代になりました!!


  • そんなわけでみんな、真似をすれば同じように出来るって思うわけです!!


  • なので、上手な人のスタンスアングル(角度)を真似してみるって言うのが非常に多く見受けられます!!


  • それはそれでよいことかもしれませんね!!



  • ここで一つ知っておいてほしいこととしまして、いろんなスタンスのセッティングが可能でありますがそのメリットデメリットをしっかり熟知しておくことが更なる上達につながることと思います!!


  • 今のスタンスが自分のやりたいことにマッチしているかなどは確認した方がいいですね!!


  • その前にスノーボードは、ボードの進行方向に対して、斜めまたは横を向いて載りますから、必ず進行方向に対して前足と後足というものが出てきます!!


  • スキーのように左右対称のスポーツではないからですね!!


  • では前足、後足はどんな役割をしているのか!?


  • 前足は、ボードの行きたい方向、進行方向を決定するための舵とり役です!!右に曲がりたい、左に曲がりたい!そんなときの曲がるきっかけやコントロールを行う役割ですね!!


  • では後足はどうでしょう!!


  • 一般的に利き足といわれます!!この足はスノーボードと雪面の抵抗を調整し、スピードをコントロールさせるのが大きな役割です!!


  • 大体の前足、後足の役割は理解できたでしょうか!!


  • こと細かい話をするとだんだん難しくなりすぎていくのでこれで十分だと思います!!


  • スタンスアングル(角度)は、スノーボードの上に真横に平行に乗った場合、つまり進行方向に対してつま先が直角90度横を向いている姿ですね!これを0度ってよびます!!


  • それでそのつま先を進行方向に動かしていくとプラス側の角度(例えば+6度など)になりますし、逆に進行方向とは逆のテール側に向けていく場合をマイナス側の角度(例えば−6度など)について説明したいと思います。


  • 前足の角度は、フリースタイルの場合は6度〜24度程度、アルペンの場合は39度〜60度程度となるのですが、これは断定は出来ません。だからこの数値はあまり気にせずにいきましょう!!っていうよりもいろんな本を見ても数値が結構まちまちですね!!


  • 後足は、スノーボードのスピードコントロールの役割ですから、ボードをたわませたり減速させたり抵抗を調整しなくてはなりませんから、力をかけやすい角度を要求されます!!


  • つまり!!これも目安ですが、おおよそ0度〜9度といわれています!!


  • こんなところであの雑誌は基本が何度ってかいてあるとか、ああだこうだと批判する人も多くいるかと思いますが、スノーボードは楽しくいくことが大前提!!


  • 一々、細かいことばかり気にする前に楽しんでから気になる点を微調整していっても遅くないですからね!!


  • 大切なのは、あまり固定概念にとらわれない方がいいでしょう!!


  • 私の経験上、変な固定概念が一番上達を妨げますから!


  • ただし、はじめにお話したとおり、フリースタイルではあらゆるトリックやスタイルによってダックスタンスと呼ばれるスタンスの方が増えてきています!!


  • つま先を逆ハの字型に開いたがに股スタイルですね!!


  • ダックスタンスは主流とは言いませんがかなり増えてきています!!ただ、初心者の方も真似をしているだけでそのメリットデメリットをしっかり理解したうえでやるといいですね!!


  • ダックスタンスのメリットといえば、大きな点は、後足がテール方向に少し向いているのでフェイキー、スイッチ滑走時に本来は後足であるのに、前足の役割となりますから、ボード操作をする目的に変わるため、進行方向を向いていることでボードコントロールが行いやすくなります!!


  • フェイキーライディング時の安定性にはもってこいです!!


  • ではダックスタンスのデメリットは何か!?


  • ターンの際に前足と後足をたわませる力がかけにくくなります!!


  • 特にフロントサイドターンの時に、後足のつま先が進行方向ではなくテール側を向いているので上で述べた力が欠けにくくなります!!


  • つまりカービング要素が弱く、ボードのズレやターン弧が大きくなったりということも懸念されます!!


  • ダックスタンスといえども前足はみなさんプラス角度です!!


  • 問題は後足の角度ですね!!


  • 個人的な結論から言うとダックスタンスであってもマイナス側は-6度くらいまでにした方がよいのではないでしょうか!!


  • やはり一番力が入れやすいのは0度近辺だと考えられます!!そのあたりから大きく外れないようにすれば大丈夫だと思いますよ!!


  • 大きくマイナス側の角度にしたりすると一方では、大変よいメリットがありながら反面、大きなリスクを背負うってことになります!!


  • トータルバランスが優れていてこそ上級者となっていけると思いますからね!!
    何度か試してみてください!!


  • いろんな角度がいいからといってもスノーボードの幅からブーツが一杯はみ出しているような方もちょいちょいおられます!!特にブーツサイズが大きな方!28cmくらいの方は要注意ですよ!!しっかり確認しましょう!!

    ⇒ ページ上部へ戻る 


■ボードのセッティング  



  • 初心者の方は、『セッティング』ってなんおこっちゃ!?って思いませんか?


  • 簡単にいうと、必要な道具の取り付け・組み立てのことです!!


  • でも、自分の道具を持っていない人は多分ご存知ないかもしれませんね!!でもOKです。ぜんぜんOKです!!


  • だって自分のボードを持っている人でも、ショップでつけてもらったので!!って方が大半です!!


  • それでいいのですが、ショップの店員さんは、やっぱりスノーボードが好きな方がおられるので、たいていの人は自分もかなり滑れるんだって方でしょう!!


  • ですから、どうしてもいろんなセッティング、つまり取り付け方が、少し上級者向けになっていることがあります!!


  • 悪いことではないのですが、初めは少し慣れるまで上級者用のセッティングは見送ったほうが上達が早いと思います!!ただ取り付けている店員さんは慣れでどうしても自然に上級者に近いセッティングをしているなんてことがありえます!!


  • つまり上級者用のセッティングというのは、どちらかというと飛んだり・はねたり・回転したりというトリックに優れた取り付け方となっているってことですね!!
    (どちらかというとボードの進行方向に対して完全に横向きの取り付けになっている方向です)・・・ちなみにフリースタイルのお話です。


  • 立ち方も滑り方もわからないのに、正直それどころじゃないですよね!!
    慣れてくれば、ドライバー一つですぐにセッティングは変更できますから!!


  • ショップにお願いする場合、少し初心者用のセッティングでお願いしますって言ってみてください!!


  • 『セッティング』とは、取付けの際に自分の慎重・体重・骨格や好み、レベルにあったポジションに調節することを言います。


  • 実際のところ、スノーボードの上達には、この正しいセッティングが必要不可欠なんですね。以外と気にせず、今のセッティングに体を慣らしていくって人が多いですが、どうしてもカバーできないところがあったり、リカバリー能力にも影響したりします。


  • ですから、ドライバーさえ使えればすぐに調整できますからいろいろと試してみてください!!


  • スノーボード別の項でもお話したとおり『バランス』のスポーツですから、ボードの中心、真ん中に乗ることは基本となります。


  • ボードに乗る位置を決めるのが、体(足)とボードをつなぐバインディング(ビンディングともいいます。どっちでもいいよ!!)になり、その取付ける位置や自分のレベルにあったセッティングがとっても大事です!!


  • 初心者の方で、完全な横向きのスタイルとかであると非常に乗りにくく感じたりすることがあります!!ちょっとセッティングを修正することで今よりとっても楽に滑走することができるなんてことも十分ありえます!!


  • セッティングに当たっての次の3つの点に注意すればいいと思います。


  • [check]センタリング(ボードのつま先側、かかと側などどちらかに偏っていないこと)
  • [check]スタンス幅(前足と後ろ足の感覚・幅のことですね)
  • [check]アングル(バインディングの角度のことですね)


⇒ ページ上部へ戻る 


■センタリング  



  • 『センタリング』ってなぁに!!?


  • 実際ブーツを履いて板に乗った時!!板の真ん中に重心がくるようにバインディングの取付け位置を前後(つま先よりでもかかとよりでもない中心)に調節することを言うんですね!!


  • かかと側やつま先側のどちらか片方に偏ってバインディングを付けてしまうと、直進しているのつもりなのに、どちらかのエッジに偏ってしまい、悪くすれば、真っ直ぐ滑れ無いなんてことが起こってきます!!


  • 又上級者になってもどちらかに偏っていることでボードからはみ出したブーツやバインディングが雪面と接触し、滑走時の抵抗となるなんてことは十分あります!


  • ボードとバインディングだけで調整せずに、実際にブーツをはめてみて、ボードからはみ出す量『つま先』『かかと』の量が出来るだけ均等になるように取り付けましょう!!


  • ボードの上に人が立っていると想定して、その人の力が、ボードの中心位置に来ているかを進行方向や反対の後ろから確認するとわかりやすいですよ!!


  • 『そのセッティングいくらなんでもブーツのつま先がはみ出すぎでしょ!!』


  • このような!ものすごく、偏ったセッティングをしている初心者の方もスキー場ではかなり見かけます!!あなたは、そうなっていませんか?


  • 一度、シーズンに入る前に、確認しておきましょうね!!


⇒ ページ上部へ戻る 


■スタンス幅  



  • 『スタンス幅』ってなぁに!?


  • 前足と後足の幅!!もっと正確にいうと、前と後のバインディングの中心から中心までの距離のことをいいます。


  • ボードの上に足を置いた時の『幅』をスタンスっていいます!!


  • とりあえずは、こんなイメージで問題ないです!!


  • この足の幅は、体のバランスに大変大きく影響します。


  • イメージしただけでわかるかもしれませんが、幅が広くなるとどうしても姿勢が低くなるので安定性という面からはメリットがあります!!逆に幅が狭いと不安定になり気味です!!


  • 『今、この場所で、後ろから軽く押すので、倒れないように構えてください』っていったとしますよね!!


  • 10人中10人が、少し足を開いて倒れにくいように重心を下げるように低くなると思います。試してみてください!!


  • 『倒れなかったら、ジュース1本おごるよ!!』なんていったら!!


  • 相手はもう本気モードでやってくれます!!


  • なんてわかりやすいんでしょう!!(*^_^*)


  • ただし、低くなるということは、少し膝を曲げているような姿勢になるため長時間その姿勢を保つと疲れます。


  • つまり、スタンス幅が広くて安定性というメリットは増えますが、疲れやすくなるというデメリットもあります!!


  • 慣れてくると、スタンス幅をいろいろ変えて試してみるのもいいでしょう。
    スタンス幅が広いより狭いほうが、ボードの回転性はあがります!!


  • それぞれにメリットデメリットがあるので、一番最適な位置を探しましょうね!!


  • 良くわからないしって場合はこれ!!


  • 自然にボードの上に立って、『肩幅』を目安にスタンスを決める!!


  • 初めのころは、この肩幅よりも広くしないほうがいいと思いますよ!!
    (少し操作しにくいと感じるかもしれませんから!!)


  • ちなみに、スノーボードのセッティングに決まりはありませんから、あなたの滑りやすいセッティングでいいというのが結論なんですけどね!!


  • どんな滑りをしたいかどんなことをして楽しみたいか?によって、これらを変更する必要があるかもしれませんね!!


  • セッティングを変えて楽しむのも面白いですよ!!


⇒ ページ上部へ戻る 


■アングル  



  • 『アングル』ってなあぁに!?


  • えええええっとねぇ!!


  • 前足や後足のバインディングの『取付け角度』のことですね。


  • バインディングは、ベースプレート(中心にある丸い円盤ディスクです)によって、角度を自由に調節できるようになっているので、自分のスタイルにあった角度にじゆうに設定できます!!


  • スノーボードはサイドウェイスタンスという、簡単にいうと進行方向に対して横向きの姿勢で乗るってイメージしてください!!


  • こんなことなので普通の生活では少し存在しない姿勢で行うスポーツとなっています!!


  • つまり、初心者のころは、少し前向きの方が、違和感が少なく早く慣れることと思います!!


  • バートンの初心者用レッスン専用ボードのアングルはこんな感じです!!


  • 前足:30度、後足:15度


  • この点からいっても、最初は前後共に進行方向に取り付けるのが基本であるといえると思います!!調整は、真横を0度として3度刻みで角度することが可能です!!
    (進行方向に動かすとプラス側、反進行方向にまわすとマイナス側)ってことになります。


  • 一般的には、前足:24度、後足:9度とか前足:21度、後足:6度ぐらいといわれています。どちらかといえば、初めは前者をお薦めいたします!!


  • 上級者になってくると、トリック系(飛んだり・はねたり・回転したり)を主としてやっている方は、後足のアングルはマイナスになっていたりします!!これを『ダックスタンス』(がに股スタンス)と読んでいます!!


  • 慣れてくるとだんだん横向きのアングルになってこんな方が増えてきます!!


  • 前足:18度、後足:0度とか前足:18度、後足:−3度


  • 後足:-6度って人も多いですけどね・・・(*^_^*)


  • 必ず、初めは前向きでないといけないのか?というと決してそんな決まりはありませんからあくまで自由です!!


  • どんことをして遊びたいのか、滑りたいのかによって日々変更していくことも良いと思います!!


  • アングル変更時は、出来るだけ変えたときの自分が感じるものをノート(100均で十分)に残しておくと今後の参考になりますよ!


  • 以外とアングルを3度変更するだけで変わったりするものですから、自分の最適なアングルを探してみましょう!!


  • アングルを変更しすぎてわからなくなってきたぁ〜なんてことにならないように、変更時はその感覚を、しっかりノートに残しておきましょうね(^o^)丿


⇒ ページ上部へ戻る 


■流れ止めの長さ  



  • リーシュコード(流れ止め)の長さと安全面について考えてみたいと思います!!


  • 近年は、リーシュコード(流れ止め)の短いものが、沢山、売られています!!
    (目立たないなどファッション性にも優れていることもあるでしょう)


  • このリーシュコード(流れ止め)の目的は、ボード装着時にあなた自身の不注意からスノーボードを流してしまうことを防止するためのものです。


  • ではまず!何故ボードを流してしまってはいけないのか?ということです!


  • ボードを装着するところは、必ずしも平地とはかぎりません。斜面で装着するときに気を抜いたり、転んでしまったりしたときにボードが流れてしまい、ゲレンデを一人で滑走していってしまいます!!


  • 一人でボードが落ちていくだけなら、まだいいでしょう!!ですが、これには大事故になる危険性を含んでいることを理解しておかなければなりません!


  • ボードは、その周囲に、エッジという鋭い刀のような刃がついています!これが、ゲレンデに座っている人の背中などに、物凄いスピード!!で激突することになります!!


  • 想像したくはありませんが、このような事故で体の重要な脊髄損傷、半身不随など重大なことになります。当然、あなた自身の負傷者への補償問題なども発生して、もうスノーボードどころの騒ぎではなくなってしまいます!!


  • そうなってほしくありません!!


  • たった数百円〜1500円程度だと思います!!
    これは安全への必須道具です!


  • では、長さについてですが、初心者の方は『長いもの』を購入することをお薦めします。どうしても、装着時に失敗して流してしまう危険性があるからです。子供さんの場合は特に注意が必要ですね!


  • 長いリーシュコード(流れ止め)であれば、平地で流れ止めだけを先につけた状態で斜面にもっていけます!その状態で、ブーツをボードに装着できます。もし転倒しても流れ止めがつながっているので安心です!!


  • こういった点から短いものよりも長いものをお薦めいたします!


  • これとは別に、パウダーなどでもし埋まってしまった場合なども、脱出するために取り外しやすいっていうのもあります。


  • 安全の為にリーシュコードは必須ですよぉ(^o^)丿!


⇒ ページ上部へ戻る 


■アングルと安全面  



  • アングル(つまりビンディングの取り付け角度ですね)!!


  • これは、『アングル』の項目でもお話いたしましたが、私のお薦めはこれ!!


  • 前足の角度を30度、後足の角度を15度です。
    (フリースタイルなら、おいおい!!前を向きすぎているんじゃねぇ〜のぉ〜って思うかもしれませんね。)


  • ショップでもこういた角度の取り付けはなかなかやる人はいないでしょうね!!
    (フリースタイルなら横向きだよぃ!!ってな感じで!!)


  • これは、バートンという有名スノーボードメーカーが、初心者の人を対象に作った専用のボードで一般的に決めている角度です。(スキー場によって多少変動有)


  • 安全に!楽しく!スノーボードをする上で、このアングル(角度)は非常に重要なんですね!!


  • では、なぜ皆さんが感じているよりも前を向いているほうが良い(安全)かということなんですが・・・


  • それは、ある程度進行方向(前)向にすることで、上体がある程度、進行方向(前)を向くことになりますよね!!


  • 初めのころの設定としては、前足が30〜45度、後足が5〜30度で調整してみてくださいね(^o^)丿


  • つまり、その上体で、かかと側に『転倒』しても、斜めを向いているので、直接後頭部を打ちにくいということなんです!!


  • 頭の打撲というのは、後遺症という危険性も含んでいるため、それを回避するとっても重要なことなんです!!!


  • 初心者の方は、ビンディングのアングル(角度)を少し前に向けるようにすることで安全を確保できますからね!!


  • 逆エッジ転倒などの場合は、一瞬にして転倒するので、初心者の方などは、受身とかなかなか取れないですから、こうやって自然に守っているんですよ!


  • 慣れてきて、転倒が少なくなってくれば、少しずつ自分のやりたいスタイルにあわせた角度にしていけばいいと思いますよ\(~o~)/


⇒ ページ上部へ戻る 


■スタンスアングルと機能  



  • スタンスアングル!!


  • つまり足を置く角度ってことですね!!


  • 簡単にいうと!というか大げさにいうと!!


  • 『前向き』『横向き』かってことですね!!


  • それぞれにメリットデメリットあるため、人それぞれの設定調整を行っていることでしょう。


  • 別の項で、初心者の方は、あまりにも横向きは、少し控えたほうが良いでしょう!!っテ内容を記載しています。
    その項目はアングルを参照ください!


  • では、前を向いていることに対するメリットデメリットを簡単にまとめて見ましょう!!


  • 【前向きのメリット】

  • [check]転倒時の安全性面で優れている。(特に初心者の方)

  • [check]膝を左右に動かし易くエッジの切り替えが速く行える。

  • [check]進行方向に対しての視野に優れる。

  • [check]スピード面に対しての安定性に優れている。


  • 【前向きのデメリット】

  • [check]両足裏全体に均等に力を入れづらい。

  • [check]トリック系でのバランスがとりにくい。

  • [check]不整地での安定性が落ちる。

  • [check]斜面変化などバランス面で横向きよりも劣る。

  • [check]ボードに対して圧(力)を加えにくい。


  • 【横向きのメリット】

  • [check]バランスがとりやすい。

  • [check]不整地での安定性に優れる。

  • [check]トリック系に優れる。

  • [check]ボードに対して圧(力)を加えやすい。


  • 【横向きのデメリット】

  • [check]スピードに対して弱い面があり後傾になりやすい。

  • [check]進行方向に対する視野が前向きより劣る。

  • [check]素早いエッジの切り替えが行いにくい。


  • 簡単にまとめてみました(実際これだけでは無いですからね)が、自分自身がどのようなことをしたいかによって、スタンスアングル(角度)は、変えていけばいいですからね。


  • いろいろな角度で、斜面変化に挑戦し、一番安定して切り返しやすいセッティングを見つけ出しましょう!!


  • 日頃からいろいろなバーンで、どう感じるかを気にしていると『感覚』というものを感じやすいですよ!!


  • スタンスアングル(角度)一つで、自分自身の滑りが思わぬ良い方向に転じることもあります。この自分自身にあった感覚って言うのは、あなたの感覚ですからね!!


  • いっちょ!!最高のものを探し出してみてはいかがでしょう!!


⇒ ページ上部へ戻る 


■ボードの装着  



  • おいおい!!そんなこと聞かなくたって出来まっせ!!


  • OK!!その方は、別の項へジャンプしちゃってくださいね!!(^o^)丿


  • それでは、装着ですが、まず初めは、一度平地で装着してみましょう!!


  • 平地!つまり、ボードを雪面においても勝手にボードが流れていかないところと言う意味ですね!!


  • ここなら、平地なのであなた自身がバランスを崩す可能性がかなり低くなりますよ!!ここで一度チャレンジしておけば、斜面に出たときにも楽になりますからね。


  • まず、長い流れ止めをもっている方は、この時点で取り付けましょう!


  • 次にボードの雪面に置いた状態で前足を装着します。まずブーツの底に雪がついていないか必ず確認してください!!


  • これができていなければ上級者でも装着が困難または不安定になります!!


  • 後足でボードを軽く踏みます!ボードが流れないように!!ここでのポイントはほんの少しだけ踏むということです!!沢山踏むと後足がボードに乗っている形に近くなるため滑って転倒する可能性があります!!


  • そして、ビンディングにブーツを挿入します。ここで重要なのは、ブーツのかかとがしっかりとビンディングの奥まで入っていることが重要です!!


  • 入りにくい場合は、つま先側からかかと側に向けて手でトントンと叩いてやるのもいいでしょう!!


  • そこまで出来たら!!


  • アンクルベルト(足首側のベルト)を先に止めます!!その後、つま先側のベルトを締めます!


  • このベルトは、出来るだけ緩みが無いようにする必要がありますが、血が止まるほど真剣に締めるなんてことはしなくていいですけらね!!(足の感覚なくなっちゃいますよ)


  • 短い流れ止めを使用している人は、この時点で取り付けましょうね!


  • では、後足です!!前足と同じように装着すればOKです!!


  • 簡単ですね!!そうです!!ここは平地でした!!


  • では斜面に出た場合どうするの?


  • 確かに平地より難しくなりますね!!


  • では、斜面での装着を説明します!


  • 斜面で装着する場合!!まずスノーボードをもって山の頂上の方を向きます!!(山側にボードを置くといいます)


  • この状況は、当然ですがあなたの体は、谷側(斜面の下側)にあります。


  • ここで長い流れ止めの方は前足に取り付けましょう!!


  • 次に後足で、軽くボードを踏みつけます。軽くですよ!!
    (ボードの中心付近を押さえつけると良いでしょう)


  • そして平地同様、ブーツの底に雪がついていないことを確認の上、ビンディングに足を挿入しましょう!!(ここでのポイント!!は、挿入時、後足かかと部分に重心があることが重要です!!後足かかとに重心が無ければ転倒につながりますよ!)


  • 前足の挿入に真剣になりすぎて前足側に重心を持って行き過ぎると後足で軽く抑えている効果が無くなり、ボードの上でこけたり、左のほうにボードが回転したり流れていってしまい上手く装着することが出来なくなります!!


  • ここで装着できたら、ボードを後足で軽く踏んでいるのは離してもOKです!!


  • 短い流れ止めの方は、ここで取り付けてくださいね!


  • そして、前足のつま先を雪面に叩きつけて(つま先側のエッジを立てる)かかと側を上げた状態にします。これでボードは流れていきません。(つま先側のエッジが聞いている状態)


  • そして、その状態から、谷側にある後足をボードをまたいで山側によっこらしょ!!っともっていきます!


  • そして、ボードをまたいだ後足重心でいてくださいね。後足重心で、それを軸にボードを山側にひきつけるように回転します(あまり勢い良くやると回転しすぎてしまいますから注意してね)!!ボードが横を向いたら前足のかかと側のエッジを立てます(つま先側が上がった状態です)そしてその状態で腰を下ろすように山側(斜面の下を向いた状態ですね)に座ってください!!


  • こうすれば、後足も装着できますね!!
    平地と違って、少し装着しにくいですから、前足で少しつま先をひきつけるようにボードを起こして装着するとやりやすくなりますよ!!


  • 文字だけで表現するのは、少し伝わりにくいかな?
    またイメージ図を作成しますね!!


  • とりあえず装着時の注意は、ボードを絶対に流さないこと!!前足側から装着すること!!を守ってくださいね!!


⇒ ページ上部へ戻る 


■レギュラー&グーフィー  



  • 横文字ばかりでよくわかんないけど・・・


  • それでは、説明しますね!


  • すっごく簡単にいうと『利き足』はどっちかって思ってください!!


  • スノーボードは、スキーと違い、1枚の板の上に私たちが乗ることになります!


  • そこでどうしても、ボードに対して、横向きに乗らなくてはならないんです!
    (ここまでは、大丈夫ですか?)


  • 横向きに乗るということは、進行方向に対して、あなたの左足が前(ノーズ側)にくるか、右足が前(ノーズ側)にくるかを決めなくてはならないんですね!


  • 通常スノーボードでは、『利き足』が後ろ(テール側)になります!!


  • では!レギュラースタンスとグーフィースタンスってのはなぁ〜に!


  • 【レギュラースタンス】



  • 進行方向に対して、左足が前、右足が後ろにくるスタンスのこと


  • 【グーフィースタンス】



  • 進行方向に対して、右足が前、左足が後ろにくるスタンスのこと


  • これが違うとビンディングを付け替えないといけませんからしっかり確認しておきましょう!!


  • では!自分の利き足をどうやって調べるか?です。


  • 鉛筆やお箸を持つほうなど「手」の場合と違い「足」の場合について紹介します!!


  • 一般的に言われているものとしては次のようなものです。


  • [check]クローチングスタートの姿勢をとり、後足になるほうが利き足

  • [check]ボールを蹴るときの、蹴る側の足が利き足

  • [check]走り幅跳びで、踏み切る足と逆の足が利き足


  • などといいます!!そのほかいっぱい確認できる項目はありますが、人によってあれもこれも確認すると訳わかんなくなっちゃうのであまり書かないようにします!!


  • 迷ったときには、何か運動をするときなどで急激なスタートや動き出すときに一番負荷がかかるほうの足が、軸足!!つまり進行方向に対して前にくる足となるので参考に知っておいてください!!

    ⇒ ページ上部へ戻る 


■インソール  



  • スノーボードのインソール!!


  • あぁ!!あれねあれ!!


  • 靴の中に入れる中敷でしょ!!って思いますか?


  • あたり!!あたりですけどこの『インソール』を馬鹿になんかしていないですよね!!!ねえ!ねえ!


  • スノーボードはバランスのスポーツといわれており(事実そうです!)、特にボディーバランスは滑走時の安定へとつながります。


  • でもって、インソールは下肢のアライメントを正常な状態に保持し、安定したライディングフォームや運動要素を引き出すことができるんです。


  • ってことはですよ!!滑走時にスピードやいろんな外力に耐えて、重要なバランスを維持できることになるんです。


  • 足裏の凹凸に合わせたインソールは滑走時の足とブーツとのすき間を埋めます。 これにより足裏感覚の向上、そしてパワーロスを減少させて、とってもシビアなエッジングが可能になるって代物です!!


  • そうそう!!このフィット感が足裏から得られる雪面情報を的確に脳へ伝達することで、感覚が鋭くなります。つまりこのおかげで脳がバランスをとろうと一生懸命働くってことです!!


  • また、運動能力に関してだけでなく、疲労による土踏まずのアーチの落ち込みを支えることで、足の血行循環システムを維持し、ふくらはぎや足全体の筋肉の負担を軽減します。そのほか足首や膝に対する負担を和らげ足本来が持つ衝撃吸収能力を引き出し、衝撃を分散させることが出来るんです!!


  • すごいアイテムだと思いませんか!!


  • ねっ!!馬鹿に出来ないでしょ!!


  • これには、いろんな硬さがあります!!


  • どちらかといえば、硬いものは、非常に素早くダイレクトに力を伝えることができレスポンスの速さがパワーロスの少なさがメリットだと思いますが、長い時間使用すると足裏が疲れます。


  • 購入の際には、十分に検討しましょうね。


  • 次のような症状がある方は、購入を検討してみる方がいいと思います。


  • [check]足裏が痛くなってしまう。

  • [check]足の指先が痛み、親指の爪や先に血豆ができる。

  • [check]滑走中にバランスを崩して転ぶことが多々ある。

  • [check]足がインナーの一部に当たって痛みを感じる。

  • [check]滑走中に足がひきつるような感覚がある。

  • [check]ブーツの中で足が動く。

  • [check]ボードにパワーが伝わらないと感じる。

  • [check]足がめちゃめちゃ疲れやすい。

  • [check]腰、膝、股関節の痛みがある。


  • 人間には、基本的に体のゆがみがあります。このゆがみの補正程度ですが、そういったところにも役立ちます!!


  • 特に腰が痛い!!なんて方はゆがみからきていますね!!
    整骨院にいってゆがみをなおしてもらっても、1週間もすればまたゆがみだします。


  • 少しでもその方向に行かないためにもインソールをオススメします!!
    ただでさえ、スノーボードは、『非対称』のスポーツですからゆがんでいきます!!


  • 体あっての楽しいスノーボードですから、又上達を妨げないためにも必要なアイテムだと思いますよ!!


⇒ ページ上部へ戻る 


■アルティメイトグリップ  



  • それ!なんですか?


  • 聞きなれませんか?


  • 『アルティメイトグリップ』は、スキーやスノーボードのエッジ部分に独特な凹凸加工を施したものです!!


  • この緻密に計算された凹凸が、通常のエッジング以上に抜群のグリップ感を生みだし、よりシャープでキレのあるハイスピード・カービングターンを可能にします。


  • 蒼く凍てついたハードバーン!!


  • アイスセメントで固められたハーフパイプなどで『アルティメイトグリップ』の驚異のエッジフィーリングを皆さんも感じてください!!


  • もちろんグリップだけでなく、ずらす操作も従来のエッジ同様の感覚で行えます。


  • 簡単にいうなら、擦り減った車のタイヤと新品の車のタイヤでのグリップの違いです!!


  • もっと大げさにいうなら、スタッドレスタイヤとスパイクタイヤぐらいの違いかな!!(本当は、ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤと言いたかったのですが、それはあまりにも雪道で違いすぎて信憑性に欠けるのでやめました)


  • 福岡孝純(Fukuoka Takazumi)による科学的検証です!!
    (東京農業大学大学院教授・日本スキー指導者連盟)


  • お値段も手ごろです!!


  • 是非、みなさんもこの感覚を味わってください!!
    (現在競技者には、人気が出てきています!!)


  • 少し前に出てきていましたが、グリップ力に優れている為、すでにこれを使っている人は、自分だけのものにしたくて沢山の人に言いまわらなかったとういうのもあります!


  • これからは、このアルティメイトグリップがゲレンデでも沢山お目にかかれそうですね!!


  • 最後に一言!!こういった性能もやはりポジションが良くなければ効果も少なくなりますから、道具の性能を上げると共に自分自身の性能アップにも努めましょうね!!


⇒ ページ上部へ戻る 


■やっぱりいいよアルティメイト  



  • 一度、アルティメイトグリップの記事をご紹介しましたよね!!


  • もし、皆さんも気持ちが決まれば、入れてみるべきだと思いますよ!!


  • ではここで、改めてどんな感じなのかを書いてみたいと思います!!


  • 本当に、ボードが「抜ける」って感覚を忘れていた!!


  • そんな感覚!!


  • つまり、乗っていて安心してカーブしているってことでしょうね!!


  • あっそうそう!!


  • なにか私が、アルティメイトを薦めているのには、なにか考えているのではないか?まわしものか?


  • なんて想像している人はいないですよね!!


  • まったく、なぁ〜んにもありませんから!!


  • 必ず、技術をサポートしてくれる良いものだと思います!!


  • いろいろ知りたい方は、ショップで相談してみるのもいいですよ!!


  • ただし、あまり大量に日本にこの機械が入ってきていません!!


  • 一つ注意したいのは、出来るだけチューンアップショップに、このアルティメイトグリップを入れる機械があることが望ましいです!!


  • ただ単に、ものを売っているお店で、この機械があっても当然同じように入れることは可能なのですが、人によっては、このグリップを入れたところを少し角度を落とす方が、引っかかりがなくよい!!って人もいます!!


  • でもこの角度は、0.5〜1度の話なので、技術のあるチューンアップショップを探すことが大切だと思います!


  • ちなみに私は、その角度は落としていませんが、特に引っかかりは感じません!


  • そう感じる方は、事前に相談してみるといいですよ!!


  • そんなわけで、強力なグリップ力を手に入れたい方は、お薦めいたします!!


  • これは、アルペンのものだ!


  • なんて思っていませんよね!!


  • 正直、フリースタイルボードに入れる方がメリットが大きく感じます!!


  • あまり柔らかすぎるボードには、向いていないかもしれませんのでちょっと注意です!!


  • ある程度硬いフリースタイルボードなら最高だと思いますよ!!基礎系の滑りにももってこいだと感じます!


  • フリースタイルで、凄いカービングをしている人を見かけたらエッジに注意してみてはいかがでしょうか!!


  • 遠くから見てもわからないですけれどね!!


  • みんなが苦手なアイスバーンなどでさらに強力な力を発揮することでしょう!!


  • 率直に、いいと思います!!


  • こんなことなら何を迷っていたんだろうって感覚かもしれないですね!もっと早くやっておけばよかったと・・・

    ⇒ ページ上部へ戻る 


■ステッカーの貼り方  



  • スノーボードを自分なりにアレンジ!!!


  • 独自のスタイル!!


  • これぞ!!


  • って物を表現できる一つが、自分のボードですね!!


  • 当然!!滑りがあっての話ですけれど(-_-;)


  • その表現の一つ『ステッカー』


  • ステッカーはスポンサーのものを貼ることはもちろんでしょうが、自分の気に入ったものさらには自分で作成したものを張る方も増えてきていますね!!


  • 実際買うと思ったより高いですから、ステッカーも馬鹿になりませんし、自分の好きなように作れる方はうらやましいですね!!


  • そこはみなさんそんな方を上手く利用してつくっていただけるようお願いしてみるのはいかがでしょうか!!


  • そういったものにこっている方は、凄いねぇ〜!!ほしいっていう話になれば思ったよりすんなり作ってくれますよ!!


  • 作ってくれた方には、簡単なお礼をしてあげてね!!


  • まあとにかく、作ることは置いておいて、「貼る」ってことです!!


  • これだけで上手そうな方だなぁ〜とか、レベルを見られるようで正直苦手なんですよね!!ってな方が多いでしょう!!


  • どんな形や貼り方でもいいですから、それなりのポリシー!!こだわりをもっていればそれはそれで素敵なことではないでしょうか!!


  • 簡単にステッカーを貼るにあたってこんなテクニックがあるよ!!って言うのを紹介しておきます!!!


  • 理想は出来る限り、もともとボードのデザインであるかのような張り方が出来たらかっこいいでしょうね!!


  • ただし、そうなるとスポンサーなどのシールが沢山あるとちょっと難しくなります!!


  • ではでは、いっぱい貼らなくてはならないとか貼りたいって方は次のことを注意してステッカーを貼ってみると良いと思います!!


  • そうしてもステッカーは長方形のものが多いです!!


  • ここで人と違った貼り方で目立つには少し工夫が必要になってきます!!


  • たとえば、そのまま貼るのではなくわざとにはみ出したように貼るんです!!


  • これは少し手間がかかりますが、人とかぶる可能性が少ないのでお薦めです!!


  • ボードの端にステッカーを貼って、ボードからはみ出た部分をカットすると、いかにも前からあったようなデザインで自然体に見えます!!


  • これは大いに活用していただきたい!!


  • そのなかで一つ注意点!!!


  • せっかく貼ってしまったステッカーが剥がれてしまうというということです!!


  • これはボードの端に貼ったために、そこからターンの際に雪が勢いよく入り抵抗となるため、結果剥がれてしまうということがある!!


  • そうならないためにも、是非、2〜3mmほど端から空けて貼ってください!!


  • ボードの端すれすれに貼ると間違いなくはがれますよぉ〜!!


  • それから、同じものを何枚も張るって言うのもありです!!


  • これは同じデザインのステッカーを斜めに傾けて縦列にきれいに並べていくという方法です!!


  • なかなかインパクトのある貼り方だと思います!!


  • まったく同じ種類のステッカーで、このステッカーを強調させたい時には、これは有効な貼り方だと思います!!


  • 同じ並べた貼り方でも横方向!!つまり直列!!っていうのもありです!!


  • ボードのトップやテール部分へ!!


  • 同じサイズのステッカーのため、ボードのデザインのように思わせるテクニック!!


  • なかなか自然さを出せるかもしれませんね!!


  • 重ね貼!!2段貼り!!違う色で同じ種類のものを貼る!!


  • こんなことで多種多様な貼り方が可能です!!


  • ステッカーを貼る上で注意点を少しあげておきます!!


  • ステッカーは、どうしてもはがれやしです!!その点を考慮して、ステッカーの角を落とし引っ掛かりをなくしてください!!(角を丸めるってことです)


  • これだけではがれる率は格段に低下します!!


  • ボードがはがれるものの最大の敵は、油分!!


  • このため貼る前には、中性洗剤でふき取るなどして綺麗にしましょう!!


  • ステッカーは貼った後に、接着力を高めるために、ドライヤーで加熱する!!


  • これは接着剤が柔らかくなり、接着面に隙間が無くなる為です!!


  • どうしても空気が入ってしまうことがありますので、この際には、空気が入ったふくらみをカッターナイフの先で少し切り込みを入れてあげればそこから空気を逃がして接着できると思います!!


  • 個人的には、シンプル系の方が好きですけれど少ない表現できる中でもよりかっこよく貼り付けたいものですね!!


  • ちなみにビンディングにも張ることは可能ですからイメージが良いものを貼るとより効果的かもしれませんね!!


  • 楽しむためには、まずは格好から!!っていうのもありますからね!!


  • ステッカーだって表現だって自由ですから、自分自身かっこいいと思えることがまずは一番重要なことだと思いますので、そんな気持ちを大切にしてくださいね!!

    ⇒ ページ上部へ戻る 


powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional