スノーボード用語集・スノボ用語を理解してもっと楽しいスノーボードライフを過ごそう!BURTON,バートン,Burton,Snowboard,スノーボード,ボード,ブーツ,バインディング,ビンディング,楽しさから満足へ!

怪我の種類

怪我の種類  

スノーボード教本               バッジテスト
上達の為の指導教本はこれだ!!     実技試験合格へのアドバイス満載!

脱臼  

  •  <脱臼とは>
    • 脱臼は関節が外れたものをいう。
    • 関節周囲の靭帯、筋、腱、血管の損傷を伴うことが多い。
    • 特に肩、肘、指に起こりやすく、適切な治療をしないと、関節が動かなくなったり、脱臼が習慣性になる恐れがある。
  •  <症状>
    • 関節が変形し、腫れて痛む。
    • 脱臼したままの関節は、自分では動かせない。
  •  <手当>
    • 患部を出来るだけ楽にし、上肢ならば三角巾を利用して固定する。
    • 脱臼をはめようとしたり、関節の変形を直そうとしたりすると関節周囲の血管、神経などを痛める可能性があるのでやらないこと。
    • 出来るだけ早く医師の診療を受けること。
⇒ ページ上部へ戻る 


捻挫  

  •  <捻挫とは>
    • 捻挫は、正常な運動範囲を超えて力が加わったために、関節が外れかかって戻ったものである。
    • 関節周囲の靭帯、筋、腱、血管の損傷がある。
    • 足首、手首、指、膝などに起こりやすい。
  •  <症状>
    • 腫れ、皮膚の変色、痛み、患部に触った時の痛みがある。
    • X線で調べないと皮下骨折と区別がしにくい。
    • 小さい骨折が捻挫に伴っていることも少なくないので注意が必要。
  •  <手当>
    • 患部を冷やし、安静にする。
⇒ ページ上部へ戻る 




打撲  

  •  <打撲とは>
    • 外に見える傷が無くても、内部に損傷を伴うものもあるので注意を要する。
    • 特に、頭、胸、腹の打撲は、内臓損傷(脳、肝臓、膵臓、脾臓、腎臓、胃腸)や内出血を伴い、痛みや貧血、一般状態の悪化を起こしてくることがあるので軽くみてはいけない。
  •  <手当>
    • 打撲部位は、骨折、脱臼、捻挫と同様に安静にして、原則として冷やす
    • 初期には、動かしたり温めたり入浴したりすると、内出血や腫れをひどくしやすいので注意が必要。
⇒ ページ上部へ戻る 



肉離れ  

  •  <肉離れとは>
    • 筋肉を構成している筋繊維や結合組織の損傷である。
    • 背筋の肉離れは、不自然な格好で重いものを持ち上げたときなどに起こる。
    • 大腿、下腿などの肉離れは、あまり運動をしない人が急に運動をしたり、筋肉に力が入って収縮しているところを強く打った場合などに起こる。
  •  <手当>
    • 一般に冷やして安静にする
    • 激しい痛みがあるときは、医師の診療を必要とする。


突き指  

  •  <突き指とは>
    • 転倒したときに、雪面に指先を急激に突いたときなどに起こる。
    • 単なる打撲、捻挫のこともあるが、骨折、脱臼、腱の断裂を伴っていることもあるので軽く考えてはいけない。
  •  <手当>
    • 冷やす
    • 患部を高くしておく
    • 変形したり指が動かない時は、固定して、医師の診療を受ける。
⇒ ページ上部へ戻る 



アキレス腱の断裂  

  •  <アキレス腱の断裂とは>
    • アキレス腱断裂は、運動中なのに急に起こり直ちに運動不能となり、つま先で立てず、アキレス腱部分を押さえると痛みを訴える。
  •  <手当>
    • 歩かせない。
    • 下向き(うつぶせ)に寝かせて、副子(そえ木のこと)に固定する。(膝とつま先の2箇所固定)
    • 上向きの場合は、足首を伸ばしたまま医療機関に送る。
⇒ ページ上部へ戻る 


powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional