スノーボード用語集・スノボ用語を理解してもっと楽しいスノーボードライフを過ごそう!BURTON,バートン,Burton,Snowboard,スノーボード,ボード,ブーツ,バインディング,ビンディング,楽しさから満足へ!

バッジテスト

スノーボードバッジテスト  

スノーボード教本               スノーボード用品
上達の為の指導教本はこれだ!!     購入は事前にしっかりチェック!!

■BURTON LTR(初心者専用スノーボード 



  • だれでもそのように考えますよね!



  • やっぱり勉強するならしっかりと基礎から学びたいって方にはスクールがお薦めですね!!



  • 日本国内にはどこも優秀なインストラクターが存在した、優れたスノーボードスクールが多数存在しますが、ここではバートンのLTRを使ったレッスンで実績があるスクール、用具のレンタル+レッスンなどで予約システムのあるスクールをご紹介したいとおもいます!!



  • えっ!!


  • ところで!



  • L.T.Rとは!?



  • バートンが“初めてスノーボードに挑戦する人”のために開発した特別なプログラムのことです!!



  • 体験型の指導をはじめ、逆エッジによる転倒を防ぐボードや調節が簡単なブーツとバインディングなど・・・



  • 「習うことを目的に開発された」プロダクトを使用しているんですね!!



  • 痛い思いをすることなく、トライした初日から連続ターンができる歓びを体感してください!!


  • 順不同です!!



  • 初めての方は、楽しみを得るため!楽しみ方を知るため!に一度スクールで教えていただくのもいいですよ!!
⇒ ページ上部へ戻る 




バッジテストはどこで受ける?  



  • バッジテストを受験しようと思っておられる方!!



  • 多いのではないでしょうか!!?



  • よし!!



  • 今年こそ!!ってね!!



  • ぜひぜひ頑張っていただきたいです!!



  • 私も応援いたします!!



  • よく昔から耳にする話ですが、バッジテストって、どこで受験すればいいでしょう!!



  • どこが厳しくて、どこが受かりやすい!?



  • そんなことを聞いたことありませんか!!?



  • それはうまくなるためにそう感じている方なのかも知れませんね!!



  • それはそれですばらしいことだと思います!!



  • ただ、合格レベルが高い低いだけであまり物事を決めないほうがよいと思いますよ!!



  • あなた自身がうまくなるのであればいいことです!!



  • もちろん検定員は毎年講習会などで合否基準の確認など切磋琢磨しておられます!!



  • ですから、受験する側の考えとしては、どこの基準であっても受からなくては合格とはいえないって思わなくてはならないと思いますよ!!



  • 差があるからどうのこうのって考え出したらそれはあなた自身が他人のせいにしているに過ぎません!!



  • どうあろうが、合格すればいいんですよ!



  • そう!!



  • 誰にもその級として認められればいんですよ!!



  • っでもってですね!!



  • 受験するところの合格率うんぬんではなくて、そこのスクールの丁寧さ、指導力などがしっかりしているかどうかで選んでみてはどうでしょう!!



  • ようするに、あなたが上達するのに最適なアドバイスをくれたりあなたの不具合点を見つけてくれたりしてくれるあなたが信頼できるスクールで受験することをお勧めいたします!!



  • だから合格率で受験箇所をきめたり、受験する側が、採点者の文句を言ったりするのはすこし、考え方がずれてきてしまっているとも考えられますからね!!



  • それは、みなさんがスノーボードを楽しめているならよくお分かりだと思います!!



  • そして、級を所持していれば所持していない人よりうまいんだって事でも本当はありません!!



  • ただ滑っていない第三者に表現するには所持している方が当然評価も高いでしょう!!



  • って勝手な評価の話をしちゃいましたが、評価のことはいんですよ・・・



  • あまり気にしないでおきましょうね!!(笑)



  • 楽しまないと(ふふふうう・・)



  • っというわけで!!



  • 今年頑張ろうって思う方は、早くからよいスクールを探して見るのも上達への近道ですよ!!



  • 楽しみながら頑張りましょうね!!
⇒ ページ上部へ戻る 




バッジテスト受験を考えている方へ  



  • 少し『バッジテスト』 について簡単に書いておこうと思います。



  • バッジテスト』 とは!!



  • 1級から5級までのレベルがあります。



  • 簡単にいうとスノーボードの滑走レベルをチェックする技術認定のテストと考えてください。



  • 実は恥ずかしながら私は取得するまで、5級があるなんて正直知りませんでした。



  • それはいいとして・・・



  • 3級から5級は誰でもうけられます。



  • 2級以上はJSBA会員(年間5000円)でないと受けられません
    ちなみに会員登録は年中受け付け可能です。



  • 1級は2級合格者でないと受験することが出来ません。



  • もし、まったく自分のレベルがわからない場合。でもでも少しは滑れるという場合は、3級ぐらいからの受験をお勧めします。



  • ちなみにバッジテストはどのスキー場でも行われているのではなくJSBA公認・認定のスノーボードスクールにて行われています。



  • 可能な限りTEL確認したほうが無難ですね。
    いってみてやってないってこともありえますから。



  • 受験するスノーボードスクールのよって合否の基準の高さが若干違うこともあります。お勧めは一般的に厳しいと言われているスキー場で受験し合格することが理想だと思います。



  • うわさによると大概合格するというスキー場もあるとうわさでは聞きますがほんとかどうかはしりません。



  • っでもって自分は何級を受験したらいいのか??



  • 何級??



  • 何級??



  • これは非常に困りますね???



  • 受験までに一度スクールに入ってインストラクターに聞いてみるのもいいでしょう。



  • 正直インストラクターは返答に困るでしょうけどね・・・



  • でも正直なインストラクターなら無理にレベル以上に高い級は進めないと思いますから。



  • ただ、あなたが2級で1級合格しますかっという質問に対しては、正直答えにくいでしょうね。



  • 本当に合格出来そうな人もいればちょっと難しいのではないか?っという人。
    様々ですからね!!



  • インストラクターの表情を見て自分のレベルを判断するのがいいですよ。



  • やっぱり人間『顔』 に出ますから!!



  • ってことで自分の力試しを考えている方は、バッジテストを受験されてはいかがでしょうか。



  • あくまでこれも試験ですから試験合格の秘訣というものが必ずあります。
    着眼点というものがありますから、いくら自分が上手く滑れていても合格しないなんてことはざらにあります。



  • これは、受験したいスキー場のインストラクターからうまく情報を入手することでしょうね。うまくですよ!!



  • さあ!!いっちょ!!受けてみますか!!
⇒ ページ上部へ戻る 




バッジテストは何級から?  



  • やっぱり、早い上達の為に基礎が大切だ!!



  • なんて思ったりしますよね!!



  • なかなかいい考えだと思いますよ!!



  • でもどう頑張ればいいんだぁ!?



  • そんな時には、やはり基礎系のバッジテストを受験してみることもよいと思いますよ!!



  • そこで、問題になってくるのが、何級を受験すべきかってことですよね!!



  • 早く高い級をとりたいのでどうしてもJSBA(日本スノーボード協会)の会員であれば、2級からって言ってしまいがち!!



  • これはなかなか危険があるぞ!!



  • バッジテスト2級がどんなものかどんな試験をするのかなんの知識もなければ正直、お金をドブに捨てているようなことになります!!



  • ちょっと滑れるぞ!!ってくらいでは2級合格は難しいでしょう!!



  • あそこのスキー場は、合格率高いからあそこで受けよう!!なんて考えはやめた方がいいですよ!!(そんなことはないと信じていますが・・・)



  • そんなことがあるなら、後で苦労することは自分自身ですからね・・・



  • それよりも何級を受けてよいのかわからないって方は、とりあえず3級を受験してみてはいかがでしょうか!?



  • 何故か!!?



  • それは、自分自身の実力や受けるべき級を恥ずかしがらずに確認できるかなぁ〜!!



  • そんな気がします!!



  • まず初めに、事前講習というものがあります!!これで各スキー場におけるバーンの注意点などを教えてもらいます!!



  • また、その中で一緒に受ける人や自分より上の級を受けている人のレベルが見れるわけです!!



  • だから、3級を受けておけば大概、恥ずかしい思いをしなくてすむし、自身もつく可能性があります!!



  • これは絶対じゃないので2級から受験するんだぁ!!って方は、その考えでぜんぜん問題ないですよ!!



  • しっかり、勉強して受験しましょうね!!!



  • 受験の状況を見ていると、2級受験者よりも3級受験者の方が、どうみてもうまいぞぉ〜ってことになるとどうみても2級受験者の方の合格の可能性は低いって感じですよね!!(どちらも上手いなら別ですけれどね)



  • 案外、2級受験者の方は、ある程度自分はいけてる!!



  • って思っている方が多いです!!



  • 結論から行くと、合格率は半分にもみたないかなぁ〜!!



  • それだけ、自分自身の思いが間違っている可能性は高いということです!!



  • それなりに経験がなければ、一応の目標というのは3級!!でいいのではないでしょうか!!



  • 3級で合格すれば、2級に向けてはこんなところが必要ですよ!!ってこともアドバイスしてくれることでしょう!!それを頑張って練習すればいんですよ!!



  • また、少し自分自身に足りなさを多く感じたなら受験するスキー場のスクールでレッスンを受けることが良いでしょう!!



  • 連続で2時間ぐらいレッスン受ければかなり良いイメージがつけられるかもしれませんね!!



  • さてみなさん!ここで気がついているでしょうか?



  • もう、バッジテストに夢中になっていませんか!!



  • そうです!!こうやって基礎系に少し夢中になれば実力はメキメキあがってきているんですよ!!



  • 基礎があっての応用です!!これが上達への一番の近道です!!



  • これをおさえておけば、ハーフパイプにだって生かせる技術が沢山詰まっているんですからね!!



  • もし、資格は要らないよ!!って思ったとしても楽しく遊ぶ中で、5分でも10分でも基礎練習することが上達への早道につながりますからね!!




  • 資格は取らないけど、一度レッスンに入って、基礎系のいろんな練習を教えてもらうっていうのも一つの手!!ですよね!!
⇒ ページ上部へ戻る 




バッジテスト3級〜5級へ  



  • ちょっとまじめにバッジテストについて着眼点((H17年9月現在)なども書いてみます。実際に検定員はこの着眼点に沿って得点付けをしています。



  • 【5級】
  • ノーズドロップから停止(緩斜面、約10m×20m)
      [check]重心移動とバランス
      [check]適切な停止動作

  • 連続ターン(緩斜面、指定なし、約30m×80m)
      [check]ボードの操作
      [check]バランス
      [check]安定なスピードのコントロール



  • 【4級】
  • ロングターン(緩斜面、回転数指定なし、約30m×80m)
      [check]安定したボード操作
      [check]バランス
      [check]安定なスピードのコントロール


  • ミドルターン(緩斜面、約20m×80m)
      [check]安定したボード操作
      [check]小さ目のターン弧
      [check]安全なスピードコントロール



  • 【3級】
  • ショートターン(中斜面、約10m×100m)
      [check]リズム
      [check]バランス
      [check]スピードのコントロール
      [check]左右均等なターン弧


  • ロングターンカービング(中斜面、4〜5回転、約30m×100m)
      [check]安定した全体のフォーム
      [check]適切な荷重と切り替え
      [check]適切なポジショニング
      [check]左右均等なターン弧



  • 3級〜5級の受験は、JSBA会員でなくても受験できます。



  • 受験するには次のような『受験料』 が必要なんです。



  • 3級の場合:受験料(会員)1500円、(非会員)2000円

  • 4級の場合:受験料(会員)1500円、(非会員)2000円

  • 5級の場合:受験料(会員)1000円、(非会員)1500円




  • もーーーし、合格したら『認定料』 を払う必要があります。



  • 3級の場合:認定料 1000円

  • 4級の場合:認定料  900円

  • 5級の場合:認定料  800円


  • っでもってこれだけかかるんですが、各級の受験に際して最低1回は『事前講習』を受けなくてはなりません。



  • これは別料金です。およそ5000円くらいかと思います。



  • まだまだ自信の無いという人はスクールの入って相談してみるのもいいですよ。



  • 受験するにしてもお金がかかることですからね。



  • また、かならず今より違った知識や技術を教えてもらうことが出来ると思います。



  • そうそう、これより上の級を受験したい方は、本屋さんでスノーボード教本を読むといいですよ。っていうより読むことを間違いなくお勧めします。



  • インストラクターを目指している方なら必需品だと思います。
⇒ ページ上部へ戻る 




バッジテスト1級〜2級へ  



  • バッジテストの1級、2級の実技内容を簡単に記します。



  • ちなみにJSBA(日本スノーボード協会)会員になっていないと受験することが出来ません。(年会費5000円が必要です・・・年中受け付け)



  • たしか、8月31日ぐらいが年度の最終なので9月以降なら次の年の8月31日まで有効となるはずです。



  • もし必要な方は、JSBAでHPを検索してください。
    (お近くのSHOPにおいてあるかもしれませんね)



  • では受験級の受験料は?っというと



  • 2級、1級ともに:受験料2500円(合格すれば認定料が+2500円必要です)



  • ほとんど2級と1級の種目は同じですが特に間違えないようにするのはロングターンのターン数だと思います。2級受験の時点から4回転で練習しておいたほうがいいですよ。



  • 2級受験では4〜5回転でOKなのですがその次を見込んで4回転で日頃から練習しておくことで試験時に良い滑りが出来ます。



  • 距離も基本的には4回転の調整がしてあるはずですから。



  • インストラクター試験もロングターンは4回転と現時点では決まっていますからね。
    この調整をしておくことに損は無いですよ。



  • 1級に関してはエアが種目として入ってきます。



  • エアーで加点が出せると合格の確立も非常に高くなってくると思います。



  • ただし、下手(バランスを崩したりなどの着眼点にマッチしていない)なエアをしてしまうと自分ではしっかり飛んだつもりでも加点がでないなんてことはありますからね。



  • 得意な人は、グラブなどをするだけでもいいと思います。
  • ただボードに触ったようなくらいのものは加点基準とみなされないことが多いと思います。



  • 自分ではグラブした!!って思っていても・・・



  • 女性の方で、エアが苦手だっという方は、しっかり踏み切ってジャンプすることだけ行いましょう。十分合格点が出ると思いますよ。



  • 飛ばされたようなものは・・・微妙ですね・・・



  • エアは+2点という得点がつくことがあるので得意な方は、それを磨くこともすごく重要ですが、一般的な滑りで合格点が取れるようにしておかないとインストラクター試験を目指しておられる方はあとあと苦しい目にあいますから。



  • 種目と着眼点については次の通りです。



  • 中斜面とは10°〜20°、中急斜面とは15°〜25°



  • 【2級】 

  • ショートターンカービング(中斜面、約10m×100m)
      [check]確実な雪面グリップ
      [check]安全なスピードコントロール
      [check]適切な荷重、抜重
      [check]左右均等なターン弧

  • ロングターンカービング立ち上がり(中斜面、4〜5回転、約30m×100m)
      [check]安定した全体のフォーム
      [check]スムーズで適切な上下運動
      [check]適切なポジショニング
      [check]左右均等なズレの少ないターン弧

  • フリーライディング(中急斜面、約30m×200m)
      [check]斜面状況にあったボードコントロール
      [check]流れの良い運動と滑走
      [check]複数の滑走技術を組み合わせた演技構成



  • 【1級】


  • ロングターンカービング立ち上がり(中斜面、4回転、約30m×100m)
      [check]安定した全体のフォーム
      [check]スムーズで適切な上下運動
      [check]適切なポジショニング
      [check]左右均等なズレの少ないターン弧

  • ショートターンカービング立ち上がり(中斜面、約10m×100m)
      [check]確実な雪面グリップ
      [check]安全なスピードコントロール
      [check]タイミングの合った上下運動
      [check]左右均等なターン弧


  • フリーライディング(中急斜面、約30m×200m)
      [check]斜面状況にあったボードコントロール
      [check]流れの良い運動と滑走
      [check]複数の滑走技術を組み合わせた演技構成


  • エア(ジャンプ構築物、約10m×50m、飛距離10m以内)
      [check]安定したアプローチ・ランディング
      [check]スムーズな演技構成



  • 級が高くなってくるとよりズレの少ない!!っというのが着眼点に入ってきます。



  • しっかりとしたポジショニングが取れていないとグリップ力も弱くなりズレを生じることになります。



  • スキー場でインストラクターをこっそり見る(お金に余裕があればスクールを受講する・・・可能な限りこれをお勧めします。・・・個人的な質問を沢山ぶつけることも可能ですから)ただし、お金の無い方は・・・



  • 少し離れてこそっと見てるだけーーーーーー!!を実践しましょう。



  • あまり近くで見ているとすぐにばれてしまいますよ!!(きずかれていないと思っているのはあなただけ・・・何てことも)



  • インストラクターは安全確保も考慮に入れていることから周囲をすごく観察していますからね。



  • 注意注意!!!



  • それでは合格に向けて頑張っていきましょう!!
⇒ ページ上部へ戻る 




バッジテスト受験不合格  



  • バッジテストを受験し失敗した!!っという方、本当に悔しいと思います。



  • 『絶対おかしいよ!!』 とか思ったりしているのではないでしょうか?



  • 大丈夫ですか?  ほんとに?



  • 真剣にやっていればいるほど「何故なんだ!」っという怒りにも似た感情がわきあがっているのではないでしょうか?



  • でもここで冷静になりましょうね。



  • 検定員の方々は、不合格者を出すために検定をされているわけではありません。
    むしろ可能なら受験者全員を合格させてあげたいと思っていると思いますよ。



  • ただ、しっかりとした検定の目をもっておられるので、受験者皆さんに平等な採点をされていると思います。



  • [check]ダメだった場合には、検定員にどういうポイントがダメだったのかしっかり聴いて納得することが大切だと思いますよ。



  • 上手いすべりだけでは合格しないなんてことはありますからね。



  • あくまでこれも『試験』です。



  • ですからしっかりとした着眼点にそった滑りを表現できないと良い得点が出ないことも考えられます。



  • しっかり着眼点と今後に向けてどういった練習をすればよいのでしょうか?っという質問を投げて本気で練習することが合格への早道だと思いますよ。



  • 是非頑張ってくださいね。がんがん応援しますよ!!



  • フレー!!フレーー!!
⇒ ページ上部へ戻る 




バッジテスト ロングターン  



  • バッジテストのロングターン!!



  • 皆さんはショートターンとロングターンの内、ロングターンは以外と得意なほうかもしれませんね!!



  • 4〜5級を受験の人は、別ですが、3級以上はカービングをしっかりとやりたいですね!!



  • 2級さらには、1級受験者ならなおさらですね!!



  • ここで、ロングターンを行うにあたり、次の点を気をつけてみてはどうでしょうか!!初めて受験される方は、一読したほうが良いですよ!!



  • まず、2、3級の方は、ゴールゾーンまで4〜5回転で入ればOKです。(1級は必ず4回転です)調整能力も求められているわけです!!



  • ここで、2、3級を受験する方!!5回転でもいいなんていってちゃ!ダメですよ!!
  • こんなところで足踏みしているあなたなら、別ですが、ここまで読んでいるあなたは、そんな気持ちじゃないはずです!!



  • そう『4回転』であわせてください!!練習のときから基本的(絶対といっても過言ではない)に4回転でゴールゾーンに入るように練習するのです!!



  • 『でもね・・でもね・・・難しいじゃないですかぁ〜!!』



  • 確かに!!



  • そこで、このテクニックを上級者は使用していることでしょう!!



  • プレターン!!!これは、JSBAが薦めているターンの初めに行う予備動作のようなものですが、これを使ってターン数を調整しています!!



  • プレターンとは、基本的には直滑降からスタートします。(短距離でよりスピード遠心力を得るために!!)



  • [check]もしあなたがゴールゾーンでの停止をバックサイドで停止したいなら、プレターンをバックサイドから入ります。フロントサイドエッジで停止したいならプレターンをフロントサイドから入ります。



  • [check]バックサイドで停止をしたいあなた!!スタート位置を谷方向を向いて、ゲレンデ真ん中よりちょっとだけ右に位置します。



  • [check]そこから直滑降を少し進めスピードをつけ、軽くバックサイドターンへ入りエッジをバックサイドからフロントサイドターンに入ります。このフロントサイドターンが、1ターン目と数えます!!そのままバックサイド(2ターン目)→フロントサイド(3ターン目)→バックサイド(4ターン目)&ゴールとなります!!




  • [check]プレターンをフロントサイドから入る方は、上記のまったく逆と考えればいいですね!!



  • ねっ!!プレターンの入りとゴール時のターンが同じサイドのターンになるでしょ!!これを日頃4ターンでも5ターンでもいいや上手くいった方で!!なんていっているとターン弧が上手くあわせられなくなってきます!!だから『4ターン』で調整(練習)するんですね!!



  • 慣れていないと『あっ!!今!何ターン目だっけ?』って思うことがあります!!ここで停止するターン方向が決まっているから間違える可能性がまず無いでしょう!!



  • 2ターン目と4ターン目の距離を間違えるなんて正直ありえないですからね!!



  • また、受験するスキー場によって斜度や距離が多少異なってくるでしょ!!だからいつも同じようにはいきません!!



  • そこでこのプレターンの初めの直滑降で調整するんです!!初めてのバーンでいきなり滑ると正直難しいですね!!スピードのつき具合なんかによって変わってきますから!!



  • だから、事前講習でバーンを滑るんですよ!!



  • [check]事前講習では、きっと検定バーンを滑ることが出来るでしょう!!そこでターン数がぴったりこないと思ったら、プレターンの直滑降を長くしたり短くしたりで一定のターン数(4回転)でターン弧も均等な形で綺麗にゴールできるんです!!



  • これをしないと最後の4ターン目だけやけにでっかくなったり、やけに詰まっていたりとかっこ悪い滑走になってしまいますね!!均等なターン弧!!これが重要ですね!!



  • [check]プレターンを上手く出来ることが正直合格への早道です!!




  • [check]ダメな人は、どうしてもプレターンに入るときにすでにずらしてターンに入ってしまっているんです!!##だから当然スピードも落ちてしまいます。でも曲がりたい!!ずれてしまう!!って悪循環のターンになってしまいます!!



  • つまり谷周りがしっかり取れている見せられる方は、合格にかなり近いでしょう!!もう合格間違いないかもしれませんね!!なかなか1級受験者の方でも出来ていない方が多いですね・・・。



  • 特に、スピードが怖いって思ってしまう女性の方に多く見られます!!思い切ってターン内側、さらには谷方向への体軸の移動がカービングにはとても大切です!!



  • [check]目線は、自分でまずどこを2ターン目が終わった半分のところにするかって事を確認します。そのポイントをなんとなくでも滑りながらちらちら気にする程度でもかまいません。そのポイントで2ターンが終わるようにプレターンで調整し、その2ターン目終了時には、あと2ターンですから、ゴールゾーンを見ます。(同じようになんとなくでもかまいません)



  • このような感じでターン数、ターン弧を合わせます!!



  • 自分の中でターンの中心線(ゴールゾーンに向かってまっすぐ向かった線)を常に気にしていればターン弧は均等になってくるでしょう!!それから上下動を常に同じスピードでこなしていけば自然とターン弧は一定になってきます。



  • たくさんずらずらと並べてしまいましたが、練習の時には、今の点を注意して練習しましょうね!!



  • 常に本番を意識して行うことがメンタルトレーニングにもつながりますからね!!



  • 本番で力を出せないって言うのも残念ながら実力ですから!!日々努力を重ねて、苦しい中にも楽しいスノーボードをやりましょうね!!



  • そんなステキなあなたは、あっという間に、『師匠!!』とか『先生!!』なんて呼ばれたりするんですよ!!そうでなくても友達からはライバル視されたり、周りの見る目が変わったりと大変になっちゃうかもよぉ〜!!



  • どんなにもてはやされても、上には上がいるものです!!常に謙虚で誰にでも同じように優しく接するあなたなら人としても魅力あるスノーボーダーですね!!
    ⇒ ページ上部へ戻る 




バッジテスト ショートターン  



  • バッジテストにおけるショートターンですが、2級、1級ともにいえることなのですが、「暴走」しないようにしてくださいね。



  • しっかりとしたグリップが出来ずに、スピードコントロールが出来ないなんてことにならないように注意しましょう。



  • フロントサイドのエッジとバックサイドのエッジを単に素早く切り替えているだけでは、しっかりした『ターン弧』が描けていない状況です!!



  • スピードも大切ですが、日頃から自分のターン弧が「弧」を描いているか注意して練習することが大切ですね!!



  • [check]試験では、ゴールゾーンに向かってまっすぐのラインを通ることが大切です。斜面が多少傾いていてもゴールゾーンに一直線で入ってくると非常に好印象ですね!!



  • ここでポイント!!



  • もし途中で失敗してラインが外れてしまったらどうすればよいか?



  • そんなときは、きっぱり切り替えて、そのポイントからしっかりゴールゾーンに向けてまっすぐに降りてくるようにしましょう!!間違っても斜めに降りてくるなんてことはやめましょうね!!(とてつもなく違うところに飛んでいったのなら別ですけど・・・)



  • 暴走している人は、ゴールゾーンに入るはるか手前から停止動作に入っていたりしまから練習するときもそのあたり注意しておきましょうね!!



  • 2級さらに1級となるとだんだん試験のレベルも難しくなってきますね!!



  • 難しくなり緊張もすることでしょう!!でも失敗しても最後まで諦めずに滑ること!!たとえ、激しく転倒したって関係ありません!!これが重要です!!検定員はしっかり見ていますよ!!



  • 途中で諦めたような滑りをしていたら合格するものも合格しないと思いますから!!
    (全力投球です!!受験にも大切なお金がかかっているのですからね!)



  • 興味のある方は、さらに頑張ってインストラクターを目指していきましょう!!
⇒ ページ上部へ戻る 




バッジテスト【再ショートターン】  



  • ショートターンで本当によく見かけるポイントをお伝えします!!



  • よく前足荷重という話になりますが、これには適切な分だけっという言葉が抜けているようです!!



  • [check]つまり、多くの方は、後足を押し出すようなスイングでターンを構成しようとしているんです!!



  • [check]前足荷重になるということは、当然、後足への荷重は軽くなり操作しやすくなるのですが、斜面にたったいるだけでもすでに前足荷重の状態なのに、それ以上前に行くと凄く前足荷重になってしまうんですよね!!



  • この辺をしっかり頭で理解しておきましょう!!



  • 当然、これでは、ターン後半で後足荷重ができません!!



  • [check]ロングターンほど前後への移動量は多く出来ませんが、基本的には同じように前後へも移動します!!



  • [check]斜面上では、前足荷重といわれるポイントは本当にニュートラルポジションに戻ったぐらいとイメージしてもいいと思います!!



  • [check]つまり、斜面にたっているので前足荷重になっています!



  • [check]その時にちょうど、前足のターンした方向のエッジを少し雪面にかけるだけで方向を決めることが出来、沈み込むことでボードがたわみ、テールではなくノーズがターン弧を描いているように見えるのが上級者のターンです!!



  • 是非この機会に、前足荷重になりすぎていないか、ポジションの確認をしていただきたいと思います!!



  • 本当にポジションがよくなってくればどんなターンでもいい位置にくるようになります!!



  • 格段にレベルアップが早くなりますよ!!



  • 少し難しい話だったかもしれませんが頭の隅においといてくださいね!!
    ⇒ ページ上部へ戻る 




バッジテスト フリーライディング  



  • 今回は、バッジテストのフリーライディングについてアドバイスをしたいと思います!!



  • 総合滑走というのは、やはりある程度アグレッシブな動きを見せるほうがベストです!!



  • ロングターンとショートターンを組み合わせているのは良いのですが、それ自体は、個別のロングターン・ショートターンで確認していますからおとなしい滑りよりは、日頃自分がフリーで滑っているときのように思い切って滑ることをお薦めします!!



  • また、組み合わせ方を迷うということもあるでしょうね。
    そんな方は、こんな組み合わせにしてみてください!!



  • 初めは、ロングターン、中盤で斜面がゆるくなる手前ぐらいからショートターン!!!このような感じで降りてくれば、スピードが落ちずにゴールゾーンに入ってくることが可能になると思います!!



  • 斜面は必ずといっていいほど、ある程度のところで斜面が緩くなります!!




  • ここが、スピードに影響するポイントなんです!!



  • 感謝面になってからロングターンをしているとなおさらスピードが落ちていってしまい。検定員に与える影響は良くないでしょう!!間違いなくスピードがあったほうがいいです!!そのために初めにロングターンです!!



  • それだけでなく、初めにショートターンを持ってくるということは、正直、検定員からはかなり小さく写りますので見えにくいです!!



  • そんなことを検定員は百も承知のはずです!!



  • ってことは、もしかしてショートターンが苦手なのかな?って推測させちゃうわけなんです!!



  • [check]それから、斜面が緩くなる手前でしっかりショートターンに切り替えること!!



  • [check]っテいうのは、緩斜面になってから切り替えたのでは、手前で切り替えるよりも確実にスピードが死んでしまいます!!



  • ほんのちょっとしたことなんですが、結果は大きく変わります!!



  • 最後に、ロングターンからショートターンの切り替えをしっかり表現できるようにすることです。この切り替えポイントがイメージをよくする点ですね!!すっごくずらしてスピードが遅くなってしまったりすると最悪です(T_T)/~~




  • 今あげたポイントだけ注意していればOKですよ!!(^o^)丿



  • 是非!!このポイントを覚えて合格へまっしぐらですね!!
⇒ ページ上部へ戻る 




バッジテスト【再フリーライディング】  



  • 今シーズンに、もし1級まで取得できたら、来シーズンまでにC級インストラクター講習を受ければ、晴れて【C級インストラクター】になる事が出来ます!!



  • そのために、皆さん頑張って受験されていると思いますが、特に陥りやすいポイントを、今回フリーライディング項目であげてみたいと思います!!



  • [check]まず斜面斜度雪質をしっかり確認しましょう!!



  • どこまでもぐりこむのかどこまで傾けられるのかなどなど・・・



  • それは、日頃から雪質を気にして滑る事も大切ですね!



  • しっかり足裏から感じるって事ですよね!!



  • 難しい事は、ともかくとして!!



  • ではフリーの種目でどうすればよいか!?ですよね!!



  • [check]やっぱり大切なのは、【スピード】です!!



  • 大胆に組み合わせていろんな滑りを見せればいいと思います!!



  • つまり、日頃楽しんで滑っている時のように滑ればいいと思いますよ!



  • [check]どれだけ普段が出せるか!!



  • [check]そして、ゴールエリアまでスピードを出来るだけ殺さずにもっていけるか!!



  • これが大切ですね!!



  • ゲレンデによって違いますが、最後が緩者面になっているスキー場では特に注意が必要です!!



  • 間違いなくほっておいてもスピードはなくなっていくんですからね!



  • 大きく面を使ったずれを使ったターンを繰り返すとどんどん減速していきます!!



  • フリーの緩斜面でそのような事はかなり!!



  • 痛い!!



  • 痛すぎる!!



  • [check]事前にバーンがわかっているならば、途中自分が落としていこう、つまりスピードを残していこうと思うあたりから直滑降をしてみてスピードがどれほど減速するのかを確認してみると分かりやすいです!!



  • [check]特に、冬後半(3月など)の時期のゆるい雪の時には、減速要素も強くなりますので確認する十分必要があると思います。



  • 事前講習などでしっかりバーンの使い方を聞くとためになりますよ!!
⇒ ページ上部へ戻る 




バッジテスト エア  



  • エアは、皆さん意外と得意分野なので特に話すことはありませんです!!(笑)



  • おいおいっ・・



  • それならタイトルつけないでくれ!!



  • ってお叱りを受けそうですね!



  • では少しだけエアについて書いてみます!!



  • [check]エアは基本的に、決められたスタート地点からチェックをいれずに直滑降ですべって降りれば基準点が出るのではないでしょうか!!



  • 但し、あまりにも消極的だと印象はよくないですが、全体のバランスが悪くなければなんとか大丈夫かもしれませんね!!



  • よく見かけたり話としてよく聞くのは、グラブで1点の加点です!



  • これは確かにその通りです!!



  • ですが、軽いタッチのようなものではグラブと認められないことがほとんどだと思います!!



  • 本人は、『グラブをしたのになぜだぁ〜!!』



  • 『点が出てないじゃないかぁ〜!!』



  • っと怒り心頭になっている!!



  • 残念ですが、完成度が低い場合は、加点されないのだと思います!!



  • また、アプローチ・空中の安定性・ランディングの安定性も評価されますのでTOTAL的な得点となっていますので必ず加点となっているとはいえないですね!!



  • ここで大きな誤算が生じてがっくりきているという話を本当によく聞きます!!



  • 簡単にいえば、誰も文句をつけようのないグラブをすればいいんですよ!!



  • [check]検定員は基本的に2名ですからどちらにも加点と思ってもらえればいいんですよ!



  • 友達同士で『これなら加点だ!!』



  • なぁ〜んていって思い込みしていませんか!!?



  • 検定員に見てもらうことがベストですね!!



  • 普通にしっかり出来ていれば、加点の出やすい種目なので頑張ってください!!



  • 特にエアの苦手な人はこのような症状になっています!!



  • [check]それは、アプローチでの姿勢が高い!!



  • [check]もしくは、アプローチのリップ寸前でしゃがんで急いで立ち上がる!(オーリーかけようとする!!)



  • これらは、かなりバランスを失いやすく飛び出してからも空中姿勢が安定していない!!



  • また、オーリーもかけにくいため距離も出ません!!



  • つまり、何もさせてもらえないどころか、放り出されたような感じです!!



  • 苦手な人に多いのは、こういったところですね!!



  • ではどうすればいいのでしょう!!



  • 難しいことは書きません!!



  • ただこれだけやってみてはどうでしょう!!



  • それはとっても簡単!!



  • [check]アプローチの時に、もっと早く低い状態をキープし、飛び出すのを待つ!!



  • [check]リップをノーズが出たくらいでオーリーをかけるようにすれば非常に踏み切りが行いやすく距離も出やすい!!



  • 当然、空中での時間も長くなるので、グラブなどの時間も長くなります!!



  • つまり得点に結びつくって訳です!!



  • このようにされていなくて苦手だっという方は、一度試してみて下さいね!!
⇒ ページ上部へ戻る 




バッジテストは通過点  



  • [check]かなり滑れるようになってきたなぁ〜!!

  • [check]そろそろバッジテストでもうけようかな!!

  • [check]いやいやもう今年は期間がないよ!!

  • [check]今年ダメだったけどまだまだチャレンジするよ!!

  • [check]受験はしないけど思い切り学びますよ!!

  • などなど・・・・



  • いろいろな方がおられることでしょう!!



  • 2級まで合格した方なら、1級に合格すれば、C級インストラクター講習会に出席(有料です(-_-;))すれば、晴れてインストラクターとなれます!!



  • 特にインストラクターが凄いというわけではありませんよ!!



  • 皆さんが上手くなることを目指すために、資格というのは一つ目安だと思います!!



  • また、あくまで最終地点でもなく通過点に過ぎないと思います!!



  • インストラクター試験だって同じことなんですけどね!!



  • そこで終わりと感じたところで自分の成長は止まります!!



  • [check]資格だけにとらわれる必要もありません。

  • [check]だから資格を取ったからけっして偉くなれるわけでもありませんし、なってはいけません。

  • [check]やはり一人の人間として正しく人と接しましょう!!



  • もしインストラクターを目指すという方は是非頑張ってください!!



  • 本当に、上手くなりたいと困っている方が大勢いらっしゃいます!!



  • そんな方々により丁寧なアドバイスが出来るようにみなさんすばらしいインストラクターを目指してくださいね!!
⇒ ページ上部へ戻る 




バッジテスト事前講習  



  • バッジテストを受ける時、各級毎に事前講習というもがあります!!



  • これは、初めて受ける場合は、絶対条件となります!!



  • この事前講習ですが、スキー場によっては、検定員が行っているところ!!そうでないところ!!



  • まちまちかもしれませんが、基本的には検定員が行われるところでは、確実に受けた方がいいと思います!!



  • [check]検定員が、その日の合格率を少しでも上げるために、皆さんに可能な限りアドバイスを行います!

  • [check]初めてのスキー場で検定を受ける場合は、ゲレンデの攻略法などもアドバイスいただけると思います!!

  • [check]また、注意点もしっかり教えてくれるので、間違いなくプラスになると思います!!



  • あまり沢山の事は言ってもらえないかもしれません!!



  • それは検定員のやさしさかもしれません!



  • なぜなら、試験前にあれこれ沢山言われても実際直しきれないところがあるからです!!



  • その中でも絞ってここを直してください!!こういう風に意識を変えてみてください!!



  • っていう点をアドバイスくれると思います!!



  • それをしっかり直すことで着実に合格に近くなります!!



  • それで合格するってわけではありませんが、良い方向に向かうことは確実です!!



  • 得点を見て自分が何が足りないのかを検定員に聞いたり、レッスンに入ってバッジテスト対策を受けるなどの勉強が必要かどうかの判断をするのもいいですよ!!



  • 良いスクールを見つける事ができれば、良い(根本的によくなる)練習方法をしっかり教えてくれますよ!!



  • 同じスキー場でバッジテストの同じ級を受ける場合は、はじめの時の事前講習で良いと思いますが、コースが変わったりする場合は、受けた方がいいでしょうね!!



  • 同じコースでやるならば、事前講習の変わりに、事前にレッスンを受けておくと効果的だと思います!!



  • あとは、やる気だけですね!!



  • 楽しんでチャレンジしてください!!



  • 特に1級受験の方は、ハードルが高いですから頑張ってくださいね!!
⇒ ページ上部へ戻る 




■事前講習でバッジテスト合格?  



  • バッジテスト受験を考えている方!!



  • わかんないけどとりあえず2級からって・・・



  • まず、バッジテストを目指す人の最初の目標って、2級が多いですね!!



  • 受件数が多い割りに合格率が低いのも現状です!!



  • これは、JSBAの会員証さえあれば、当日の事前講習を受ければ受験できるからです!!



  • どういうこと!!?



  • っておもいますか!!



  • バッジテストはあくまで試験です!!



  • 採点も決まった項目の着眼点に添って点数つけされます!!



  • つまりは、一度もスクールなどで学んでない中で、友人からそろそろ受かるんじゃないって甘い言葉に惑わされ、受験したが粉砕・・・・



  • なんてことになりかねません。



  • 事前講習ってものを受けるようになっていますが、一度も技術を学ぶことをしていない方は、事前講習の数時間で、技術が極端につくことはありえません



  • 資格試験のように記憶力テストであれば事前に出る問題がわかればそれを覚えればよいことですが、その技術は、はいそうですか!!ってほど簡単にはなおりません。



  • だっていままで超我流で培ってきたものですから、体が我流的に反応するのは当然です!!
  • 簡単に結論を言うとバッジテストはそんなに甘くはないかもしれませんね!!



  • ただある程度技術がある方にとっては、非常に有効な講習であることも確かです!!



  • ちょっとした意識の違いで、言えば治せるようなことだったり、注意点、戦略などなど



  • [check]バッジテストは、ただ上手いか下手かを得点にしているのではありません。

  • [check]決められた滑走技術で滑ることを条件とし、着眼点にそって採点されます!!

  • [check]すっごいかービングをしてくるけど運動要素が違うって方は、基本的に得点はでません。


  • [check]まったく点が出ないかというとそういうわけではなくtotal的に判断していますが、野菜の名前をかけ!!っていう試験問題に果物を書いているようなものです!!



  • 検定員からすれば、×といえば×ですよね!!



  • もし、バッジテストを受験される方は、一度スクールでバッジテスト対策などのレッスンを受けると意識も高まり、勘違いしていることに気がつけたりするかもしれませんね!!



  • つまり、入ってわかる勘違い症候群!!



  • ってことになってなければいいのですけどね!!



  • バッジテストもあくまでテストですから、採点者の評価なり採点基準を事前にスクールなどで確認するのが降格への近道でしょうね!!



  • そんなわけで、しっかりそういったところを学んできた方は、事前講習が非常に有効だと思いますし、そうでない方は、残念ながらあまり意味のない講習になってしまうかもしれませんね!!




  • 前者にとっては、合格率UPにつながると思いますし、後者にとっては、特に合格率以前の問題かもしれませんね!!
⇒ ページ上部へ戻る 




powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional