スノーボード用語集・スノボ用語を理解してもっと楽しいスノーボードライフを過ごそう!BURTON,バートン,Burton,Snowboard,スノーボード,ボード,ブーツ,バインディング,ビンディング,楽しさから満足へ!

たちつてと

た・ち・つ・て・と  

スノーボード教本               スノーボード用品
上達の為の指導教本はこれだ!!     購入は事前にしっかりチェック!!

【 た行 】  


■大会スポンサー枠推薦  

  • プロアマ併催型の大会で、プロ戦より前の日程でアマチュアの大会開催される場合その大会のスポンサーによりプロツアー特別参加推薦枠をもうける場合がある。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■体軸  

  • アンギュレーションフォームに関係なく、
    ボードに対して正しい力を伝えられる身体上を通る仮想の軸線をいう。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■タイペン  

  • ノーズ側の手を後ろから股の下を通し、ボードのトゥサイドをグラブするトリック。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■ダウン系  

  • クリフや雪庇など踏み切りが下方向に向いてるもの。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■ダクロン・フリース  

  • サーマルレイヤー素材。
    ダクロン・ポリエステル繊維を高密度に編みたて起毛した素材。デッドエアー(空気層)を組織内につくり、ウールやアクリルなどに比べ、軽くて温かい。また通気性もあり疎水繊維のため、水をはじくという特徴がある。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■立ち上がり抜重 (たちあがりばつじゅう)  

  • 伸び上がりながらの抜重

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■タックニー(tuck knee)  

  • 片膝を曲げ、足首を横方向へ曲げてバインディングの間のボード面につくようにするテクニックのことをいう。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■ダック(duck)  

両つま先が外側を向いている、アヒルのようなスタンスのこと。

⇒ ページ上部へ戻る 

■ダックスタンス(duck stance)  

  • 通常は前足も後ろ足もつま先が少し前を向くようにバインディングをセットしますが、ハの字になるようにセットすること。フェイキーがやりやすくなります。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■タビュレーター(Tb)  

  • アルパイン(AL)・スノーボードクロス(SX)・フリースタイル(FS)の各種目毎にタビュレーター資格がある。アルパイン競技ではタイムを、フリースタイル競技ではジャッジスコアを計算し順位を計測するのが職務の人。
    そのほかにスタートリスト作成競技途中の出走リスト・リザルトを出すなどもおこなう。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■ダブル  

  • ハーフパイプなどで人の背丈の約2倍の高さのエアを決めること。かなり高度なテクニックが必要。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■ダブルグラブ(double grab)  

  • 空中でふたつの異なったグラブトリックを行うこと。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■谷回りターン (たにまわりたーん)  

  • 斜滑降からフォールラインを越えてボードを回し込むことを谷回りターンといい、
    越えないものを山回りターンという。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■ダリング(dulling)  

  • ボードチューニングのひとつ。ノーズやテイルの余分なエッジを落とすこと
    ターンをするときに使わない、余計なエッジを丸めること。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■タン  

  • ブーツのスネ部分に当たるプスティック製の部品。
    この部品の固さの種類によりブーツの前傾に対する強さが変化する。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■ターン  

  • スノーボードを回転させることをいう。
    フォールラインを超えてボードをまわしこむことを谷回り、超えないものを山回りという。
    ターンはこの谷回りと山回りで構成されている。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

【 ち行 】  


■チェック  

  • エアなどのアプローチの時に自分がいける範囲にエッジを加えてスピード調整すること。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■チャックフリップ  

  • パイプのバックサイドの壁を使ったアーリーウープ回転の3Dスピン。
    バックサイドロデオフリップ。マイケル・マイケルチャックが編み出したトリック。
    マイク・マイケルチャックのシグネチャートリック。
    パイプのバックサイドの壁でのバックサイドロデオ。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■チキンサラダ(chicken salad)  

  • 後の手を股の間から通して、両バインディングの間のヒールサイドのエッジ手首をひねらしてをつかむトリック。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■地区協会推薦  

  • 各地区でJSBAのポイントを稼いだ上位数名(男女含む)は地区推薦としてプロツアーに参加できる。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■チューンナップ(tune-up)  

  • ボード機能や滑走性を高めるために手を加えること。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■中間姿勢  

  • 上下・前後・左右に重心を移動させやすい両足均等荷重の姿勢のことをいう。
    =ニュートラルポジション(ナチュラルポジション)

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■直滑降  

  • ターンをせずにフォールラインに沿って真っ直ぐ滑り降りること。
    =ちょっかり

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■直っかり  

  • ターンをせずにフォールラインに沿って真っ直ぐ滑り降りること。
    =直滑降

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■チンパンジーフリップ  

  • ヨナス・エメリーのオリジナルトリック。
    バックフリップしヒールサイドもしくはノーズをグラブしたあと
    フロントサイドにシフトさせて戻す(リワインド)トリック。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

【 つ行 】  


■ツイスト  

  • 上半身と下半身が逆方向にひねられる動作のこと。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■ツインチップ(twin tip)  

  • 板のノーズとテイルの両サイドの形状が同じ形をしたもの。
    その操作性からフリースタイル系に使用者が多い。
    ボードの全長に対する中心からノーズテールまでの長さとフレックスが同じボードの事。
    グラフィック以外はほぼ前後対称。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■ツボ足  

  • ゲレンデをブーツで歩いた為にできた穴。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■つま先荷重  

  • バックサイド(カカト側)を上げた、フロントサイドターンのためのエッジングの方法のこと。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■ツリーラン(tree run)  

  • 林間コースなど木立ちの間をすべること。
    日本のゲレンデでは禁止になっているところが多いので注意!
    その他
    林間コースなどの木立の間を滑ること。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

【 て行 】  


■ディパック  

  • 背中に背負う荷物入れ。バックカントリーボーダーの必需品。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■ディガー  

  • ハーフパイプを掘り整備する人。パーク全体を整備する人もそう呼ぶ。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■ディレクショナル(directional board)  

  • ノーズテールのシェイプが異なり、フリーライディング系ボード。
    ボードの全長に対する中心よりもテールよりのところを中心にしなるように設計されているボード。
    サイドカーブの中心やインサートホールもテール寄り。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■ディレクショナルツイン(directional twin)  

  • 形状は前後対象のツインチップ構造になっているが、重心をディレクショナルのようにやや後方にずらしたもの 道具
    ボードの形状はほぼ前後対象のツインチップで、フレックスの中心がディレクショナルのようにテール寄りになっているボード。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■ディレクショナルシェイプ  

  • テールノーズの形状が違うボードのこと。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■デッキ(deck)  

  • バインディングなどがとりつけられるボードの表面部分。
    ボードの表側の面で、滑っているときに常に見えている面のこと。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■デッキパッド(deck pad)  

  • デッキに貼り付けてスケーティング時に足を置く滑り止め。
    デッキに貼る滑り止めのこと。スケーティングの時に後ろ足を置く場所に付ける。
    前後のバインディングのあいだで後ろのバインディングの近くに貼ります。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■テクニカル  

■テクニカル・スーパーアドバイザー(TS)  

  • アルパイン(AL)・スノーボードクロス(SX)・フリースタイル(FS)の各種目毎にTS資格がある。
    JSBA(日本スノーボード協会)の公認大会を開催する際に全ての競技者が正しくスムーズに行えるように競技においての最高の権限を持って運営に携わる職務の人。
    大会中の急激な天候の変化や事故などが起きた場合は素早く的確に状況を判断し各部署への指示を行ったりする。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■デブリ  

  • 雪崩のあとにできる雪だまりのこと。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■デラがけ  

  • ハーフパイプでボトムをサイドスリップしながらおりていき整地すること。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■テレインパーク(terrain park)  

  • 最近までスノーボードパークと呼ばれてたもの。スノーボーダーだけでなくスキーヤーやスノーボーダーも同じアイテムで遊ぶ為こう呼ぶようになった。
    =パーク

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■テンディー  

  • インディーでのグラブ位置が、両足の間ではなくテール側をグラブしているものをいう。
    少々不恰好なイメージでとられることが多い。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■テーブルトップ(tablrtop)  

  • アップ系の人工のジャンプ台。テーブル状にピークが平らになっている。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■テールスイングターン  

  • ボードの回転軸を前足におき、後ろ足でテールを振り出して行なうターンをいう。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■テールスライド  

  • 進行方向に対して、ボードを横にシフトさせた状態でテールプレスをおこなうこと。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■テールプレス  

  • テール側だけを雪面もしくはレール・ボックス上につけてノーズを浮かせて滑るトリックの総称。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■テールマニュアル  

  • 進行方向に対し縦方向のままテールプレスすること。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■テールグラブ(tail grab)  

  • テールをグラブするエアトリックのこと。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■テール(tail)  

  • ボードの後端部。
    ボードの後ろ側の部分のこと。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■テールタップ(tail tap)  

  • スロープスタイルなどでレールやボックスを飛び越えテールでタッチすること。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

【 と行 】  


■トゥーイーク(tweak)  

  • メソッドの状態で身体をボードの向きと逆にねじるトリック。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■トゥーグラブ  

  • 1回のエアで2回グラブすることをいう。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■トゥサイド(toe side)  

  • つま先側
    =フロントサイド ⇔ヒールサイド

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■トゥーフェイキー  

  • パイプで壁を登ってターンせずにそのまま降りること。スタンスは逆になる。
    エアーを加えるとエアトゥーフェイキー。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■トゥストラップ(toe strap)  

  • ソフトバインディングのつま先側のベルト。
    ストラップ式のバインディングはひふへほ#xfeb6069?の2本あるストラップのうち、つま先を固定するストラップ。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■ドメスティック  

  • 国産の製品の板やウィアなどのこと。少数の生産になるので品質が高いが価格が少々高めになる。
    基本的に専門店のみの販売なので比較的コアなボーダーの間ではやっている。
    最近では日本人プロなどがオリジナルのブランドを展開している。
    =国産

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■ドラグ  

  • ターンする時ブーツが雪面にあたりエッジが雪面からはずれる状態。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■ドロップイン  

  • ハーフパイプでプラットホームから入ることを指す。順番をまもり合図をして入りましょう。
    スタート点からパイプに入ること。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■トライアル方式  

  • 競技の予選以前に予選出場枠に行う選抜会です。トライアルの趣旨は150人以上
    のエントリー状況において競技者の技術レベルが判別不能な場合に用います。
    予選出場枠の為に行う選抜会なので順位の発表は行いません。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■ドライブ  

  • スピンの着地後に惰性でボードが回ること。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■トラック  

  • 板が雪面につける軌跡。
    滑った後、斜面に残されたライン。
    =シュプール

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■トラバース(traverse)  

  • 斜面を斜滑降で滑り降りていく(横切る)技術。
    ゲレンデなどでの横方向への移動などのことをいう。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■トランジション(transition)  

  • ハーフパイプのボトムからバーティカルにつながるRになっている面。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■トランスファー  

  • 「乗り換える」という意味であるが、2つあるキッカーで片方から飛び出し
    もう片方のランディングに着地したり、キッカーの着地でレールに乗ったりなど、
    アイテムからアイテムに乗り換えること。またはヒップで左右に着地せず飛び越すことを指す場合も。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■ドリフトターン (drift turn)  

  • ボードをずらすことで摩擦を生じさせてスピードをコントロールしてターンをすること。
    ターンのときに、ノーズ側よりテール側をスライドさせて滑ること。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■トリガー  

  • ハードバインディングについているハードブーツのつま先側を固定する為の器具(部品)のこと。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■トリック  

  • フリースタイル系技術の総称。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■ドロップショルダー  

  • スイッチスタンスオープンコーク540°スティールフィッシュのことをいう。

■ドローコード  

  • ジャケットの裾部分を絞ることによって、裾からの雪や風の侵入を防ぐ。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■Tri-X(トライエックス)  

  • 01-02シーズンより始まったトライアルで個人の技術向上を目的とするJSBAのプロジェクト

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■TOYOTA BIG AIR  

  • トヨタ自動車が主催する国内最大規模のワンメイクコンテスト。毎年国外からトップライダーが集結する。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■トーション(torsion)  

  • 板のねじれに対する強度のこと。
    ボードのねじれに対する強さのことをいう。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■トーションボックス構造  

  • ボードの構造のひとつで芯材を補強材で包み込む構造だが。サンドイッチ構造
    キャップ構造どちらの構造とも合わせて使うことができる。比較的強いトーション
    を持たせることができるのが特徴。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional