スノーボード用語集・スノボ用語を理解してもっと楽しいスノーボードライフを過ごそう!BURTON,バートン,Burton,Snowboard,スノーボード,ボード,ブーツ,バインディング,ビンディング,楽しさから満足へ!

あいうえお

あ・い・う・え・お  

スノーボード教本               バッジテスト
上達の為の指導教本はこれだ!!     実技試験合格へのアドバイス満載!

【 あ行 】  


■ISF(アイエスエフ)  

  • International Snowboard Federation(国際スノーボード連盟)の略語。
    世界的なスノーボードコンテスト運営、統括する団体。ワールドランキングにポイントが組み込まれるマスターワールドカップ、ワールドシリーズ、コンチネンタルとランク付けされた通年のコンテスト以外にもワールドチャンピオンシップ,ジュニアワールド、コンチネンタル、ビッグエアといった大会を行っている。

    ⇒ あいうえお

■IOC(アイオーシー)  

  • International Olympic Committee(国際オリンピック委員会)の略語。

    ⇒ ページ上部へ戻る

■アイシング(Icing)  

  • スノーボードにおける救急法でRICEの原則がある。そのうちのI:冷却(Icing)を意味する。
    アイシングすることで患部の腫れ痛みを和らげることが出来応急処置でもっとも効果的とされている。

    ⇒ ページ上部へ戻る

■アイスバーン(icebarn)  

  • 雪が凍結してその表面がカチカチになった斜面や道路のこと。
    日中気温が高くて一度溶けた雪が、夜などで気温が下がって凍ってしまった状態。
    雪面が硬いのでエッジがかかりにくく、転ぶと打撲などの可能性あり

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■アイロン (iron)  

  • スノーボードの滑走面にワックスをかけるときにワックスをとすしたりのばしたりする為に使う。スチームアイロンで代用も可能だがスチームのでる穴に古いワックスが入り清掃などしにくいのが難点!また専用のアイロンは温度調節が容易に出来たり、金属部分が厚くなっていて温度低下を防止しやすい構造になっているので専用のものが可能ならベストですね!


⇒ ページ上部へ戻る 

■アウター(outer)  

  • ブーツ自体にかかる圧力を受け止める部分であり、ブーツのフレックスを左右する最も重要な部分のこと。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■アウトオブバウンズ  

  • スキー場のゲレンデでのコース外のことをいう。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■アキヤボート  

  • 傷病者を搬送する為の救助用雪上移動器具のこと。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■足裏感覚  

  • 体の中で一番雪面に近い場所!つまり足裏の感覚を磨くことで微妙なエッジングが可能になります!足裏を通らずして感覚は身体に伝わってきませんからね!足裏に意識をするとより繊細なエッジングが可能になります。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■アシメトリカルボード(asymmetrical board)  

  • 左右非対称のボード。左右のエッジングの感覚を均等にする為に、足の角度に合わせ左右のエッジの位置を前後にずらしたボード。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■圧雪車(あっせつしゃ)  

  • ピステン(ピステンプーリー)などと呼ばれています。
    これはメーカーによって呼び方は異なるようです!
    この圧雪車は、ゲレンデで片斜面を直したり、でこぼこを直したり、ジャンプ台を作ったりとゲレンデ整備の為に使用されます!

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■アップサイドダウン  

  • ロデオフリップの縦軸が強いものをいう。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■アッパーデッキ  

  • マックツイストで横回転が強いもの。
    同じ540°の場合マックは横回転をしながらの着地だが、
    アッパーデッキは縦回転の途中で横回転が終わる。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■圧迫  

  • スノーボードにおける救急法でRICEの原則がある。そのうちのC:圧迫(Compression)を意味する。
    出血性の障害に特に適している処置で、圧迫により血液の流出を防ぐことが出来る。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■アップ系  

  • テーブルトップやウィンドリップといったジャンプ台を意味し、飛び出す時に上方に身体がむかうものをいう。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■アバランチ(avalanche)  

  • 雪崩のこと。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■アバランチトランシーバー  

  • バックカントリーやオフピステに行く場合の必須アイテム。
    雪崩で埋もれた人を探す時に必要な送受信器。
    =ビーコン

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■アプローチ(approach)  

  • ジャンプ台の助走部分のこと。エアの大小は、このアプローチのスピードに左右される。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■アルペンボード(alpen board)  

  • カービングやレースを目的として作られたボードのこと。エアーやトリック、フェイキーなどを目的としない為テールキックが少ないボードをいう。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■アングル(angle)  

■アンクルストラップ(ankle strap)  

  • ブーツをバインディングにとりつけるかかと側のベルト
    ストラップ式のバインディングの2本あるストラップのうち、足首の辺りを固定するストラップ。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■アンプリチュード(amplitude)  

  • ハーフパイプのジャッジで技の高さやその迫力を採点するジャッジのこと。通称Cジャッジともいう。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■アンギュレーション  

  • 外向傾。「く」の字姿勢のこと

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■安静  

  • スノーボードにおける救急法でRICEの原則がある。そのうちのR:安静(Rest)を意味する。
    スノーボードで起きた障害では、患部を動かさないようにすることで腫れを最小限に防ぎます。骨折の際には、動かすことで血管や神経を傷つけることがあるので注意が必要。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■アンダーフリップ  

  • ヒール抜けのフロントサイド540°にバックフリップの縦回転が加わったトリックをいう。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■アーリーウープ(alley oop)  

  • ハーフパイプのトリックで通常の流れに逆らった方向に回転する技のこと。
    進行方向とは逆の山側へ向かって、180度以上の回転を行うハーフパイプでのトリック。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■アーリーマックツイスト  

  • マックツイストの山側回り版。マックツイストと同じ動作をフロントサイドの壁でやると、アーリーマックとなる。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■アール  

  • ハーフパイプやジャンプ台のトランジションの曲面をいう。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

【 い行 】  


■石付き  

  • 雪面に刺さりやすくする為のポールの先の部分。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■インスペクション  

  • レース前に行う試滑走のこと。これでコースの全体を確認して勝負どころやコンディションなどを確認する。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■インターフェアー  

  • ボーダークロスなどで明らかに、他の選手の滑走行為を妨げ、自己の有利に導く妨害行為を行うこと。妨害の内容によっては失格処分になることもある。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■インターバル  

  • 一般的にはトレーニングとトレーニングの間の休憩という意味合いで使われる。
    スノーボードでは、ポールとポールの間(間隔)の事を差していうことが多い。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■インディーグラブ(indy grab)  

  • レギュラースタンスなら右手、グーフィースタンスなら左手でトゥサイドのエッジをグラブすること。もっともポピュラーなグラブだがそれだけにスタイルにこだわりたい。
    テール側の手でボードのトゥーサイドをグラブするトリック。
    通常足と足の間に手をおろしてグラブするが、
    テール側の足の後ろから手をまわしてグラブするスタイルもある。後者はJTと呼ばれる。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■インディーノーズボーン  

  • インディーグラブをして、ノーズ側の足をボーニングするトリックをいう。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■インビテーショナル(invitational)  

  • 主催者側の招待選手のみで実施されるコンテスト。ビッグエアの大会はこのインビテーショナルとなってることが多い。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■インソール  

  • ブーツの中敷きのこと。これによってバランスや疲労度も大きく変化する。インソールを甘く考えている方も多いが、上級者になればなるほど意識して自分似合ったものを作ったり選んだりしている。


⇒ ページ上部へ戻る 

■インバーテッドエアー(inverted air)  

  • 手をリップにつかずに空中回転高度な技の総称をいう。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■インナーレスブーツ  

  • アウターとインナーが一体になったタイプで軽量と脱着が容易であるのが特長。インナー付のタイプと比較すると足への負担が大きくなる。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■インナーカフ  

  • ジャケットの袖口を二重にし、その内側の袖を絞ることによって雪の侵入を防ぐ機能のこと。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■インサートビス  

  • ボードのデッキ面にバインディングをセットする為に埋め込まれた雌ネジのこと。現在は4×4と3Dの2パターンにホールパターンに大別される。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■インサートホール  

  • ボードのデッキ面にバインディングをセットするためのビス穴のこと。現在は4×4と3Dの2パターンにホールパターンに大別される。
    ⇒ ページ上部へ戻る 

■インナー  

  • 基本的に、ブーツ・手袋・ウェアなど2重構造になっているものの内側の素材(生地)部分のこと。
    インナーブーツ・インナーウェアなどともいう。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■イージーワックス  

  • 主にアイロンを用いないで使用するワックスの総称をいう。
    スプレー式、固形、半練り、液状などさまざま。


⇒ ページ上部へ戻る 

【 う行 】  


■ウインドリップ(wind lip)  

  • 風の影響で雪がふきだまってつくられるアップ系のナチュラルジャンプ台のこと。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■ヴィッテリーターン  

  • ターン内側の手(片手)を雪面につけながら、極端に体を傾けてターンするテクニック。脚部は伸ばし荷重によりターンするのが一般的。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■ウェーブ  

  • 波のように連続した段座がある地形。ボーダークロスの障害のひとつ。競技などでは、人工的に作られる。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■ウェットキャット  

  • トッド・リチャーズのオリジナルトリックでマックツイスト900°のことえおいう。
    猫を放り投げたような動きからこの名前がついた。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■ウォッシュボード(washboard)  

  • そのまま翻訳すると洗濯板になるが、スノーボードの場合はボーダークロスのコース(斜面)が洗濯板の表面のように凸凹のある部分をウォッシュボードという。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■ウォール(wall)  

  • ハーフパイプの壁。トランジション、バーティカルからなる。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■ウエスト幅(waist width ウエストワイズ)  

  • ボードの最も幅の狭い部分。一般的にウエスト幅が細ければターンの切り返しが行いやすく、太ければ直進安定性が増すといった特徴がある。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■ウッドコア(wood core)  

木を材料としたボードの芯材。一般的なのがウッドコアである。

⇒ ページ上部へ戻る 

■馬毛ブラシ  

  • スクレイパーでとれなかったストラクチャーのワックスを取り除くブラシ。ナイロンブラシより細かくソールに帯電した静電気も除去する作用もある。


    ⇒ ページ上部へ戻る 

【 え行 】  


■エアー (air)  

  • ジャンプすること。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■エア トゥ フェイキー  

  • ハーフパイプでレギュラースタンスのままエアーに入りフェイキーで着地するトリックをいう。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■エッジ(edge)  

  • ボードの両サイドに付けられた金属部分のこと。
    ボードのソールの端に付いている金属の部品のこと。ターンやブレーキのときは、この部分を雪に引っ掛ける。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■エッジング (edging)  

  • 雪面にエッジを立てて食い込ませること。
    また、雪面に対して積極的な働きかけをすると言う意味もある。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■エッジシャープナー  

  • スノーボードのエッジを研ぐ為の道具。また角度を調整できるものもある。スキー・スノーボード兼用で使用可能。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■SAJ  

  • Ski Association Japanの略。全日本スキー連盟。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■SIA  

  • (社)日本職業スキー教師協会の略称でいわゆるプロスキー教師の集団。

■エフェクトティブエッジ(effective edge)  

  • 雪面に接するエッジの長さ。これが長ければ直進安定性が良くなり、短ければ回転性がよくなる。
    有効エッジ
    ボードの前のショルダーから後ろのショルダーまでの、ターンの時に実際に雪と接するエッジのことをいう。日本語で言えば有効エッジ

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■エクストリーム(extreme)  

  • 極限を意味する言葉だが場所や地形をさすことが多い。
    山岳スノーボードのこと。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■エクストリュード(押し出し樹脂成形製法)  

  • スノーボードのソール面の材質。基本構造はポリエチレンであるが、その粒状のポリエチレンを溶かして、シート状に押し出して製造されるもの。
    一度粒上のポリエチレンを溶かして作るので、分子量が小さくなるので、ワックスが浸透しにくい。
    しかし、安価でありワックス抜きでも滑走性はあるほうなので、メンテナンスの苦手な初心者や邪魔臭がり屋さんには向いているかも知れません!

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■エルニーニョ  

  • 国内には冷夏暖冬を引き起こす異常気象のこと。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■エルガリオ  

  • フェイキーでアプローチし、テール側の手で接地して360°スピンするハーフパイプのトリックをいう。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■エレベーション(Elevation)  

  • スノーボードにおける救急法でRICEの原則がある。そのうちのE:高挙(Elevation)を意味する。
    高挙は、患部を心臓より高く上げることで出血を軽減します。圧迫と併用して行うと効果的な処置。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■エントラント  

  • アウトレイヤー素材の名前
    エントラントの構造は織物や編み物の裏側に特殊ウレタン樹脂の薄膜をコーティングしたもの。
    G供G-XTなど進化し続けている。
    防水・透湿・防風・耐久・撥水・低結露性・対洗濯指数・対剥離性にすぐれている。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■エントリー  

  • 大会に参加申し込みすること。
    エントリーするなどという。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■エントリーフィ  

  • 大会に申し込む費用のことをいう。大会参加費

    ⇒ ページ上部へ戻る 

【 お行 】  


■オイルストーン  

  • エッジの錆落としや柔らかな仕上げの為に使用する。
    エッジを磨いたあとのバリとりなどにも使用できる。


⇒ ページ上部へ戻る 

■オフピステ  

  • 雪上車の入ってない場所。つまりゲレンデ以外のあらゆる雪山のフィールドをいう。
    圧雪されていない雪面、ゲレンデ

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■オムニドライ  

  • ファーストレイヤー素材の名前
    発汗量の多い激しい運動時でも表面はドライに保ち。水蒸気を効率的に外へ逃がす素材。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■オムニテック デュラフレックスCXB  

  • アウトレイヤー素材の名前
    オムニテックは、雪・雨などの状況下でのあらゆる外的要素から身体を完全にプロテクトするコロンビア・オリジナルの透湿防水素材。透湿性に優れている素材。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■オリンピック  

  • 長野五輪から正式種目に採用されてた。HP、SL、GSなどの種目がある。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■オンピステ  

  • 圧雪車によってきれいにグルーミングされた雪面のこと。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■オーバーオール(overall)  

  • ハーフパイプでの採点で技の組み立てやバリエーションとすべりの完成度を総合的に採点するジャッジのこと。
    通称Dジャッジともいう。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■オーバーヘッド  

  • ハーフパイプなどで人に背以上にの高さでエアを決めること。
    =オーバー

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■オープンコーク  

  • オープンサイドに回るコークスクリューのことをいう。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■オープンサイド(open side)  

  • ストレートジャンプで身体が正面方向を向く側に回転することを意味する。
    スピン系トリックで体を谷側に向けて回ること。視線を常に進行方向である谷側に向けていられるので、ブラインドサイドよりもやりやすい。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■オープンバーン(open bahn)  

  • 開かれた斜面のこと。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■オーリー(ollie)  

  • エアを決めるには最低限マスターしなければならない基本中の基本テクニック。膝をまげて、伸ばした時の反動を板につたえて空中に飛び上がる。
    ボードのテールをしならせて、反発力を利用して飛ぶこと。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

■オールドスクール  

  • スノーボード初期のことからのスタイルのこと。

    ⇒ ページ上部へ戻る 

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional