スノーボード用語集・スノボ用語を理解してもっと楽しいスノーボードライフを過ごそう!BURTON,バートン,Burton,Snowboard,スノーボード,ボード,ブーツ,バインディング,ビンディング,楽しさから満足へ!

メンタルトレーニング

メンタルトレーニング  

スノーボード教本               スノーボード用品
上達の為の指導教本はこれだ!!     購入は事前にしっかりチェック!!

メンタルトレーニング関係など上手くなるため上達するための考え方などをまとめてみました!!

どんなスポーツもメンタルが大切!!


[check]イメージが大切です!!

■滑走時間と上達度合い  



  • スノーボードが上手くなるには!!!


  • とにかく雪が豊富で滑走時間が多いほうが確実に上達する!!



  •        ・


  •        ・  (考え中) 


  •        ・  (考え中)



  •        ・  (考え中)


  •        ・


  • はいっ!ここで意見が二手に分かれた事と思います。


  • 一つ目は!!『当たり前のこと言うな』


  • 二つ目は!!『あまいな・・』


  • どう思いまっすか?


  • それはあなたが通ってきたスノーボード経験をもとに出てきたことでしょう。


  • 卑怯ですが、これはどちらも無いとダメな考えでしょうね。


  • 片方しかない人は、上達後、行き詰っていることでしょう。


  • ではでは、どうすればいい?


  • 初心者の人でレッスンに入る人、自力でやっていく人によっても分かれます。


  • 正直レッスン受けたほうがいいですよ。


  • 親切丁寧に指導してくれます。でもレッスンにはお金がかるジャーー−ン


  • 少しづつ話がづれてきそうなのでレッスンについては別の項で話しましょう。


  • っで、がむしゃらに滑るだけでは上手くならないよーーーって思うんですね。


  • イメージできることが最大の上達法です。


  • はいはい・・・


  • そんな言葉!!よく聞くよく聞くって思っている人。ブーーー・・


  • 『聞く』ではなく『聴く』ようにあなたが変われば最高ですね。


  • どんなスポーツ選手でもイメージトレーニングを行っています。


  • つまりメンタルトレーニングにもつながっているんです。


  • これをなくして人より上にいこうなんてちょっと難しいですね。


  • あなたの周りにいませんか?


  • あの人そんなに日頃滑ってないのに大会では結果を出すとか言う人。


  • もちろんそこまでの経緯はあるけれど、日頃雪上にいなくても十分トレーニングできているんですね。


  • だからそのトレーニングの確認の為に、雪上練習を行っているんです。


  • トレーニングについてもまた別の項で話しましょう。


  • 『ジャー滑らなくていいじゃん』 なんて思ったら大間違いですよ。


  • なんにでも慣れということも必要ですし極めるということは簡単ではありません。


  • それに滑らないとあの『きたーーーーー』っていう爽快感!!!


  • これが無いじゃないですかーーー!!!


  • なんてったって楽しくなくちゃやってるいみないっすからね!


  • イメージをしっかりつけて滑走している人は確実にうまいです。


  • 悩んでいる人は、そのイメージが間違っている少しずれていることでしょう。


  • しっかりした知識と滑り方をしている人にそのイメージを修正してもらいましょう。


  • 早合点して、わかった!!っとすぐに思うのも危険です。


  • 自分自身の『師匠』を早く見つけることでしょうね。
    (そんな方が見つかった人はきっとその人に考え方を「パクる」のです。


  • 日本人の得意分野は『パクり』ですから。


  • 必ず出来ます!!


  • 上達すれば、師匠の技術に改良を加えたり自分自身の色をつけていけば、さらに楽しくなりそうなればあなた自身にも『師匠』と読んでくれる弟子達がたくさん出来ていることでしょう。

    ⇒ ページ上部へ戻る 




■まさか!?あなたも・・・  



  • スノーボードのカテゴリーは大きく分けると『アルペン』『フリースタイル』とありますが、あなたはどちらですか?


  • どっちがいいとか言うことではありませんよ。


  • 『俺はアルペンだ一筋だ!!』


  • 『私はフリースタイル一筋!!』


  • なんてことになっていたりしないでしょうか。



  • もしこんな状況ならもう少し読んでみてください。


  • 基本スタイルを持つということはとっても大切なことですからこれはしっかりもってくださいね。だから『○○一筋だ!!』ってことでもぜんぜん悪くありません。


  • それにプラスして、『一筋だから違うカテゴリーのものは絶対やらないよ!!』ってことになってると危険なんです。


  • どう危険かって?


  • それは、あなたの上達をさまたげてしまうということです。


  • けして一方のみで上手くならないなんてことはありませんからそれは心配要りませんけど。


  • ではどうして?


  • 同じように雪面を滑るのですが、道具が違うことで体の各部の動かし方が少しずつ違ってきます。片側だけでは体験できない感覚というものが本当に沢山あるんです。


  • 絶対に絶対にやってみてください。当然私もやっていますがそれぞれに生かせるところが沢山あるんですよ。


  • スノーボードはイメージ、感覚というものがとても大切ですからあえて絶対やってみてくださいといっているんです。


  • 人口的には、フリースタイル人口が圧倒的に多いでしょうから、フリースタイルの方がアルペンを体験し感覚を養うということは本当に良いことだと思いますよ。


  • DVDのスノーボードアルペンテクニック(3200円)といういかにもアルペンアルペンという雰囲気の中にもフリースタイルの有名な方が、アルペンの感覚というものを語っています。


  • 一度参考に見てみてくださいね。これにはアルペンの基本姿勢から乗り方まで、題名からは想像できませんが、結構やさしくさらに上級者まで満足できる内容の濃いDVDとなっています。


  • ですから

  • [check]少し伸び悩んでいる方!!
  • [check]カービングについて深めたい方!!
  • [check]アルペンに取り組んでみようと思った方!!
  • [check]違いを理解したい方!!
  • [check]インストラクターを目指す方!!
  • [check]足首の使い方を理解したい方!!
  • [check]バランス能力、リカバリー能力を向上させたい方!!
  • [check]とにかく今より上手くなりたい方!!


  • まだまだありますが、これぐらいにしてこんな方は絶対にもう片方のカテゴリーのボードに乗ってみてくださいね。


  • もし、難しいと思ったら『成功』です。あなたは勝ったのです!!


  • そんなあなたは必ずそれを克服したいと思うからです。思うだけでなく克服するためにすでに努力しているからです。日に日にその成果が出てくることは間違いないですよ。

    ⇒ ページ上部へ戻る 




■楽しむ!!考え方!!  



  • 上達の秘訣は!!


  • なんといっても『楽しむ』ことですね!!


  • 楽しいと思うこと!!


  • では、どうやれば楽しめるの!?


  • それは、簡単!!


  • あなた自身の気持ちをほんの少し変えるだけなんです!!


  • 難しくって難しくって失敗するし!こけるし!いやだなぁ〜!!なんて思っていませんか?


  • でも冷静になって考えてください!!


  • 初心者のうちは、失敗するのは当たり前!!


  • くそぉ〜何で出来ないんだぁ〜って!!


  • その瞬間瞬間のことで楽しさを決めちゃいませんか?


  • 出来ることが当然だと思っていませんよね!?


  • 腹が立っていませんか?


  • 人間はどうしても自分の描いている結果というものがあります!!ですからその頭で描いた通りにことが進まないと腹を立てちゃうんですね!!


  • でもそれも考え方次第!!もっとポジティブ(前向き)に考えなきゃ!!


  • 失敗するのはおかしい!!と思うから恥ずかしいんです!!


  • でも失敗することが当たり前なら、恥ずかしさもなくなります!!


  • 例えていうなら、ゲレンデでみんなが、こけまくっていたら、どうですかそれが普通なんですよ!そんな環境なら自分だってこけたって恥ずかしくないですよね!


  • 人と違うことをするのが恥ずかしいって思うだけなんです!!


  • でも安心してください!間違いなく、みぃ〜んなが思っています!!


  • ただ実際には、上手く滑っている人がいるだけの話!!


  • その人たちだって、恥ずかしいって道を通ってきているんです!!


  • まず自分自身の中に勝手に思っている『これぐらい滑れないと』っていうような感覚を捨てることですね!!


  • よ〜く考えたら、みんなは間違いなく上手い人を見て勉強しようとします!!


  • ですから滑れない自分のことなんて気にしちゃいないんですよ!!


  • そんなことに気づけば気持ちは楽になります!!


  • 知らない人がこけていたら、いたそぉ〜って思う人は多いかもしれないけど、馬鹿にする人はいないですよ!!


  • だって自分も通ってきた道なんですから!!


  • 友達なら笑われるかもしれないけどね!!


  • 笑われたっていいじゃないですか!!だってそれが今の自分ですから!!


  • 何も隠すことはない!!笑いのネタとしてあなたは友人に話題を提供することが出来たんです!!笑いがあるということは、スノーボードであなたは、自分より上手な人に『楽しむ』ってことを提供することが出来たんです!!


  • これってすごいことじゃにですか!!


  • でもそんな笑いを提供したあなたは、きっと友人から暖かいアドバイスをもらうことが出来ると思います!!ラッキーですね!!


  • 自分も上手くなり、相手も楽しませることが出来る!!そんな雰囲気を見て自分も楽しくなる!!


  • 楽しくなったら、失敗したってOKじゃないの?って思ってきますよね!!


  • なんだ!!失敗したって問題ないよ!!ちょっと痛いのだけはイヤだから、こけないように努力していこう!!


  • こんな前向きな考えでチャレンジすればスノーボードはもっともっと楽しくなりますよ!!


  • 失敗したときのつらさより、チャレンジしないで前に進めない方が訳もわからずつらいですよ!!(だって原因がつかめないんですから!!)


  • だって失敗したって、あなたはリスクがないんですから!(大怪我は別ですよ!!)



  • 安全には十分注意が必要ですけどね!!(ストレートジャンプなど大技に挑戦する人は決して無理をしないようにお願いします。ここでは初心者の方への恥ずかしいって気持ちを主にお話しています。)


  • 失敗したから、あなたはもう会社を首になりますって訳でもなければ借金を背負うわけでもない。



  • ただ、少し思い込みすぎの恥ずかしいってリスクを背負うだけのことです!!


  • それはあなた自身がリスクの大きさを決めているんですよ!!


  • 少しでも恥ずかしさを消すために、初心者向のゲレンデやバーンを友人からサーチすることも大切ですね!!さすがにリフト下などは恥ずかしいですもんね!!


  • 気持ちが変われば、嘘のように上達が早くなります!!

    ⇒ ページ上部へ戻る 




■インストラクターは何故上手いのか?  



  • このタイトルについて説明したいと思います!!


  • なかなか興味があるタイトルじゃないでしょうか!!


  • ここではあくまでインストラクターを例にとって説明しますが、根本的に言いたいことは、「教える」=「インストラクター」として説明しているだけです!


  • つまりインストラクターでなくてもいいですよ!教える人って理解していただければOKですからね!!


  • さて、なぜインストラクターは上手いのか?


  • ですが、これはインストラクター!!だからではなく!!


  • 相手に教えるという仕事をしているからです!!


  • なんで初心者の人や自分よりレベルの低い人を教えて上手くなるの?


  • 意味わかんない!!なんていわないでくださいね!!


  • それは!!


  • それは!!


  • 教える!!っと言うことは、見せる!!っというだけでなく相手に伝わるように言葉にしなくてはいけない!!ということです!!


  • ある程度滑走はできてもそれを言葉にするってことは非常に難しいことなんですね!!


  • 自分自身の経験で教えたりこうしたり、ああしたりといろいろ考えることがあるでしょう!!


  • その中でインストラクターは数知れない人をよりわかりやすいように説明できるよう研究しています!!


  • それで生徒さんの上達度合いを見て、こうすればさらによくなるとか、この表現が適切だ!!とかすごく勉強していくんですよ!!


  • そうしながら、自分自身の滑りについても考えるようになり、自分の滑りが説明できるようになり、自分自身の中で技術が整理されていくんです!!


  • 滑走日数だけの問題だと思っている人は!!少し間違っているかもしれませんよ!!


  • だから、インストラクターの上達は目覚しいんですね!!


  • 自分自身のスランプのときなどにこういった考えが出来ていると早く抜け出すことが出来ますから心にとめておいてみてはいかがでしょうか!!

    ⇒ ページ上部へ戻る 




■上達意識はどこから取得する!!  



  • 短期間で飛躍的に上達したいという方!!


  • 手を上げてください!!


  • はい!!はい!!はい!


  • 当然!!全員手を上げるのではないでしょうか!


  • そんな質問聞く方がおかしいよ!!


  • わざわざ、ながぁ〜い時間かけたい人なんていないでしょ!!


  • 出来ることなら一日でも早く上手くなりたい!!


  • では!どうすればそれはかなうの?


  • 『意識』です!!


  • なんの意識なのか!


  • スノーボードでターンできる事に関する知識・技術を性格に学ぶという意識!!


  • それには、本やビデオなどでは教えてくれるものではありません!!


  • また自分自身になかなか反映されるものではありません。


  • そこでこの意識をもらうために一つのきっかけとしては、スクールに入ること!!


  • 参考に、インストラクターは何故上手いのか?も見てください!!


  • さて、本題に戻り、どうすればよいか!!


  • これは本当に難しい話です!!


  • 最高のスクールを探すことです!!


  • これが本当に難しい・・・


  • みなさんの最高のスクールを探してみてください!!


  • ポイントは次のような点だと思います!!


  • 校長が、A級インストラクター資格からプロへなられた方!!


  • インストラクターへの指導に一貫性があること!!(これは皆様お客さまにも反映されることです)


  • 本当はまだまだありますが、ここまでとします!!


  • しかし、これってなかなか一般にはわからないことじゃないですかんね!?


  • その通り!!


  • だから難しいんです!!


  • もし、あなたがインストラクターになりたいって気持ちがあれば、スクールスタッフとして働かせていただき感じることも出来るでしょう!!


  • しかし、そこまでは出来ないよね!!って場合!!


  • とりあえず、レッスンに入ってみる!!


  • そして、良いスクールとは!!のような状況を感じれた場合、たずねてみましょう!!


  • このスクールはどのようにインストラクターの技術力を維持、向上されているんですか?


  • そこで、各スクールの校長の一貫した指導内容が少しでも出てくれば本当に良いスクールの傾向かと思います!!


  • そんなスクールなら、非常勤で勤務させていただけるようお願いしてみてはいかがでしょうか!!


  • でも良いスクールほど実際規律が厳しく、自由が利きにくいかもしれません!!


  • その反面、技術力向上に向けた妥協はない!!


  • お客様を第一に考えた上で、自分達の技術力向上につなげている!!


  • そんなスクールならレッスンに入る価値がありあり!!ですね!!


  • 自分で考え滑ることはとっても大切ですが、新たな知識、感覚、意識改革は、こういったスクールからGETするのは非常に良いことだと思います!!


  • 教えてやってる!っテ言うような!!またインストラクターだから!!っていうのを鼻にかけたスクールやそんなスタッフのイメージを感じるところは、いくらその人の技量があってもお薦めしません!!


  • 本質的な技術力向上のためにつながらないことがあるため、レッスン料金を無駄にしてしまうからです!!


  • あなたがお店で何か買うときに店員さんの親切心(おせっかいでない)を感じた時には、そのお店に又行ってみたくなりますよね!!


  • そんなスクール!!を探しましょう!!


  • 探せば、あるものですよ!!

    ⇒ ページ上部へ戻る 




■ロブ・ロイの言葉  



  • いつも文章長くって読むの邪魔臭いよぉ〜って方の為に、せっかく読んでくださっているので手短に行きたいと思います!!


  • では今日は、スーパーコーチ『ロブ・ロイ』氏の言葉を紹介します!!


  • 先にロブ・ロイ氏は、コーチ経験30年以上!!うち14年以上はスノーボードコーチを務めている!!


  • 当然メダリストへのコーチングも行っている!!


  • そんな彼の初心者の方に向けた『カービング』とは!!


  • その言葉は・・・


  • [check]カービングとは、フォールライン(ボードの先が谷(真下)を向いたところ)ところから次のターンの開始まで、エッジをキープすることです!!!


  • 15m〜20mの中回りターンでカービングの全ての技術が身につくので、是非!トライしてみてください!!


  • ビギナーから中級者の人なら5日以内にカービングが出来ますよ!!


  • ・・・


  • って言われています!!


  • どうですか!!


  • なんか自信が出てきませんか!!


  • 凄く深くたくさん難しいことをやるよりもこんなことでカービングが出来るのかぁ!って思いませんか!


  • でもこの練習ってとっても大切で有効なんですよね!!


  • 一つ一つ丁寧に練習することが本当に上達への早道なんですよ!!

    ⇒ ページ上部へ戻る 




■ポジティブシンキング  




  • ポジティブに考えていかないとダメですよ!!


  • なんていわれたことはありませんか!!


  • 上手くいかないのにポジティブに考えられるかよ!!


  • なんて思っているんじゃないですか!!


  • ・・・


  • ・・・


  • ・・・


  • これは考え方一つだと思いますがどんなことを日頃感じているかというのも関係しているのではないかと思います!!


  • まず、スノーボードをするにあたって調子がいいとか悪いとか!!


  • そんなことは滑ることが出来るからいえることです!!


  • ですから、滑走することのできる自分の健康に感謝できるかが一番大切ではないでしょうか!!


  • その健康を維持してくれているものはなんでしょう!!


  • 親や家族、恋人が作ってくれる食事や環境に他ならないのではないのでしょうか!!


  • そんな自分の周りの当たり前のことに感謝できているでしょうか!!


  • そう感じる方もおられるかもしれませんね!!


  • でも私は関係していると思います!!


  • スノーボードはきっとあなた一人で楽しいと感じたりするものではないのではないでしょうか!!


  • 全てはあなたをとりまく全ての環境とあなた自身の体調に左右されているのではないでしょうか!!


  • ですから、あなた自身が今健康である自分自身を取り巻く環境(もし怪我をしているのであればそれでも治ればまた滑走することが出来る!)にどれだけ感謝しているかが前向きに考えられる素材なんだと思います!!


  • つらい時には、みんな自分が一番つらいと思っています!!自分しか見えません!!


  • これではその素材をいかせません!!


  • 今ある自分お健康に感謝できていれば、つらいことがあってもこの程度のことで!!


  • ってそう思えるはずです!!


  • それがどんなにつらいことであってもです!!


  • あなたの周りにもいませんか、そんな考えの方は!!きっと探せばいるはずですよ!!


  • 社会においても同じことが言えると思います!!


  • [check]道具を買い換えられるのはなぜ!!

  • [check]スキー場のリフトに安全に乗れるのはなぜ!!

  • 綺麗なコースを滑走できるのはなぜ!!


  • 書き出したら本当にきりがありませんが、これらのことを感謝を元に考えてみればいろんな人があって今時分がスノーボードを楽しんでいられるんだなぁ〜って感じることが出来ると思います!!


  • 人は環境の変化で必ず落ち込むことがあるでしょう!!


  • でも、常に人に感謝できる気持ちを持っていればそんな落ち込んだ気持ちからも早く立ち直ることが出来ると思います!!


  • 堅苦しくなってしまいましたか!!?


  • 深く悩まないでくださいね!!


  • 人に感謝できるということはそれをその人たちにお返ししたいと思うのです!


  • だから人と人のいい関係が築けたりするわけなんです!!


  • 楽しいとおもえますか!!スノーボード!!

    ⇒ ページ上部へ戻る 




■「夢」を見る!!  



  • あなたの夢!!


  • これはなんでしょう!!


  • いろんな事があることでしょう!!


  • 「夢」についていろいろな実験がされ、この人間が見る夢も馬鹿に出来ないそうです!!


  • 疲れた時にみる!!などといわれることもあります!!


  • 実際、一般の方なら1日に3〜4回程度夢を見ているそうです!!


  • それが記憶にないだけの話!!


  • それはいろいろな環境がかなってそれを阻害してしまうからだそうです!!


  • 特に日常起こったことや出くわしたことは脳内にいろいろな形で取り込まれ夢になりやすいということ!!


  • 起きている時は、視覚、聴覚、触覚その他もろもろの間隔が激しく動いているため、変わった夢を見るということがありません!!


  • しかし、寝ている時は、これら起きているときしか働かない感覚が働いていないので脳がおかしな夢!!(ある意味正直な夢!!)をみてしまうということなんです!!


  • そこで、ある実験をTVでやっていた商品(夢見工房)を見つけました。

  • なんとこれ75%OFF発見!!


  • 夢で体のどこかが痛い!!などという夢を見た場合!!


  • 本当にそこの部分が何らかの不具合を抱えている可能性があるということです!!


  • いろんな感覚が日頃邪魔をして気がつかないことがあるそうです!!


  • つまり、夢で自分の体の調子(ここでは悪いこと)を事前に知らせてくれるということがあるそうです!!


  • ならば!!


  • 夢見た方が何かといいかも!!


  • そう思ったら臨床実験もされている「夢を見る商品」で見たい夢に近づく!!ってこともいいのでは!!


  • TVで紹介されていた商品がなんと、定価の75%OFFであったのでこの値段ならって思う方は参考に覗いてみてください!!


  • 夢を見なくても安眠へかなり近づくことと思います!!


  • 自分の『夢』に少しでも近づけるならすばらしいですよね!!


  • 私は、安眠の為にお酒に頼っているだらしがない人です(-_-;)


  • 自虐ネタは、この辺で・・・

    ⇒ ページ上部へ戻る 




■がむしゃらな練習  



  • 上手くなりたい!!


  • まじ!上手くなりたい!!


  • こんな気持ちが強くとにかく一人黙々と練習する!!


  • 決して間違ってはいませんよ!!


  • ただ、これだけでがむしゃらに練習するよりももっと効率よい方法があります!!


  • それは、今上級者といわれる人たちが通ってきた道だと思います!!


  • その一つを紹介しますね!!


  • まず、あなたがあこがれている滑りをするライダーを見つけましょう!!


  • そして、その人のビデオ・DVDをとことん見てみましょう!!真似してみましょう!!


  • 初めのころは、形ばかりにとらわれるかもしれませんが、それも続けているうちに、下半身、膝、足首、骨盤などの動きに目が行くようになります!!


  • そうなればしめたものです!!


  • 形にとらわれるのではなく滑りの本質的なところを見抜いていけるようになるでしょう!!


  • これがとっても重要なんですよね!!


  • ここからはあなたのスタイルを確立していけばいいんです!!


  • とにかく上級者の滑りを見て自分の足りない点に気がつけばいいんです!!


  • そうすることでだんだん見る目も養われてきます!!


  • ゲレンデでいろいろなスノーボーダーから学ぶことが出来るでしょう!!


  • あなたの教材は、スノーボーダーだけに限らずゲレンデにごろごろ転がっているんですから!!


  • 見るか見ないかは、あなた次第ということですね!!

    ⇒ ページ上部へ戻る 




powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional